Googleの検索履歴が証拠になって、ひき逃げ犯が逮捕される

    Googleの検索履歴が証拠になって、ひき逃げ犯が逮捕される

    検索履歴の重要性は、今後ますます高まっていくものと思われます。

    Lee Harbertはサンフランシスコに住む投資銀行家。2005年の1月11日、彼は55才のGurdeepさんを自分のジャガーでひき逃げし、死なせました。そして、彼の有罪を決定づけたのはGoogleだったのです。

    当初、Harbertは「人ではなく鹿を轢いたと思ったから、車を降りて救助する必要があると思わなかったのだ」と申し立てていました。

    しかし、警察が彼のコンピューターを調べてみると、Harbertが事件の数日後Googleで検索した履歴を発見。そのキーワードは「自動車部品、国外の自動車ディーラー、自動車用ガラス、ラスベガス」などなど…そして「ひき逃げ」。裁判では、Harbertが人をひいたと認識していながら逃走したと認められ、有罪がいいわたされたそうです。

    [Cnet]

    matt buchanan(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    検索クエリ数、Googleの次がYahooではなくYouTubeとなる

    グーグル戦闘機、用もないのに? カリフォルニアの空へ

    グーグル冬のボーナスは全員「G1」

    非情! Googleストリートビューは座りションも撮る

    Google ChromeのMac/Linux版は2009年前半リリース予定

      あわせて読みたい

      powered by