アップルのジョナサン・アイヴ、工業デザインのドキュメンタリー映画「Objectified」に出演

    アップルのジョナサン・アイヴ、工業デザインのドキュメンタリー映画「Objectified」に出演

    アップル製品の魅惑的なデザインを生み出してきた、チーフデザイナージョナサン・アイヴ(Jonthan Ive)。彼のラボを、ドキュメンタリー映画『Objectified』のGary Hustwitが取材してきたそうです。こちらはその時のショット。ちょっと興奮しちゃいますね。

    すごくクリーンな空間ですね。新しいガジェットの匂いがプンプンしてきそうでワクワクします。『Objectified』は『Helvetica』が話題になったGary Hustwitが監督した、工業デザインをテーマにしたドキュメンタリー映画です。素晴らしいデザイナーが多数出演しています。アイヴの他にはMark Newson深澤直人など。以下に予告編動画を置いておきますね。

    春にアメリカで公開予定。日本でも公開してくれないかな。

    [Objectified]

    John Mahoney(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    ウォズ、ジョブズとアップルについて語る(動画)

    こんなのおっきすぎて入らないよー、ガジェット

    30ドルでできる究極のエコ? ダンボール自転車

    アップル、大きくパワーアップした15インチ「MacBook Air」を開発中との噂の真偽を検証する…

    米ギズ読者が考えた、Windows 7のBSOD新デザイン131

      あわせて読みたい