昭和の銀座を再現した本格派ジオラマ「昭和銀座ジオラマ」

    昭和の銀座を再現した本格派ジオラマ「昭和銀座ジオラマ」

    なんか美空ひばりの歌声とか聞こえてきそうですね。

    バンダイは、昭和30年代の銀座の街並みを再現したジオラマ「昭和銀座ジオラマ」を4月10日から発売します。

    ポイントは「造形」「光」「音」「動き」

    大きさは幅40cm、奥行き30cmのデスクトップサイズ。「和光ビル」や「森永ネオン」など、主要な企業ロゴも各社の協力により忠実に再現しているこだわりようです。

    銀座といえば夜の街。31個のLEDを使用し、夜モードにすると輝くネオンや街灯、ショーウィンドウなどが光りますよ。

    内蔵スピーカーからは、当時の雑踏音や路面電車の走行音、時計の鐘の音、スポーツの実況中継などの再現。当時の歌謡曲である「東京ブギウギ」「東京ナイトクラブ」も収録しています。オーディオ入力端子を装備しているので、オーディオ機器を接続して好きな曲をかけることも可能です。

    また、人と路面電車が動くギミックもあります。路面電車はNゲージサイズでリアルに再現されています。

    なお、完成品ジオラマなので、面倒な組み立て作業は必要ありません。

    気になるお値段、19万8000円です。

    ニュースリリース[バンダイ]

    (三浦一紀)

    【関連記事】

    2畳に敷き詰められたプラレール愛

    模型は、ピカピカの新品より破損してる方がカッコイイ!?

    ジオラマのコマ撮りのような映像を「逆ティルト」で撮影する(動画)

    逆ティルトで撮影したスタントカーレースに感動(動画あり)

    ミニチュア電車「Qトレイン」を運転してみた

    UPDATE : 誤植を修正しました。ご指摘のコメントありがとうございます!

      あわせて読みたい