iPhoneやG1でパソコンをネットに繋ぐ方法

    iPhoneやG1でパソコンをネットに繋ぐ方法

    パソコンの接続環境のないところでも、携帯で接続が確保できたら…。

    そんなあなたのために今回は、米ギズ読者に人気のiPhoneとG1、2つの3Gスマートフォンのデータ接続プランを使ってパソコンをネットに繋ぐテザリング(無線ルータ化)の手順を紹介しましょう。

    [ご注意] 定額の範囲内で繋げるはずです。でも、携帯でPC接続中にtorrentを大量にばら撒いたりとかしないように気をつけて下さい。普通にサーフィン楽しむ程度ならまだしも、超過料金チャージされないという保証はないので。

    では、スタート!

    必要なもの

    • G1の場合 : USBケーブル、Tetherbotアプリ、Android SDK、Firefoxブラウザ

    • iPhoneの場合 : iPhoneModemアプリ、 ジェイルブレイク済みの携帯

    G1をテザリングする

    本ガイドはグラハム・スチュワート(Graham Stewart)氏が書いたAndroidアプリと解説を基に書いてます。こんな簡単なテザリング設定法を考案してくれたグラハムさんに拍手! 但しこれはモデムのテザリングではなく、SOCKSのプロキシですから、Firefoxでの閲覧だけに限られてます。他のアプリは、自分でプロキシ接続を設定できない限り使えませんけど、でも僕らがFirefoxでテストしてみた結果は良好でした。

    1. お手持ちのG1のブラウザを開いてここに行き、Tetherbotアプリをインストールしましょう。Unknown Sources対応がオンになってない人は、まず最初に Settings -> Applications -> Unknown Sources の順に開いてオンにしてから進みます。

    2. Settings -> Applications -> Development の順に開いてUSB Debuggingをオンにし、携帯をUSB経由で接続します。

    3. Android SDKのセットアップを取得。Windowsの人はドライバのダウンロード&インストールが必要です。

    4. 携帯でTetherbotアプリを開き、「Start Socks」ボタンをタップ。

    5. さて、SDKの呪文の出番です。Macならターミナルウィンドウ、Windowsならウィンドウを走らせて、SDKディレクトリの中から“tools”のフォルダーに進み、以下文字列を入力します。

    Mac :

    ./adb forward tcp:1080 tcp:1080

    Windows :

    adb forward tcp:1080 tcp:1080

    6. 次にFirefoxで、Options -> Advanced -> Networkの順で開いて、Firefoxのネット接続方法を設定します。ポップアップウィンドウで「Manual proxy configuration」を選び、そこの中にあるものは全消去しましょう。SOCKSのホストの下で「localhost」と入力し、ポートを1080に変更。OKをクリックして、おわりです。簡単でしょ?

    iPhoneをテザリングする

    これはジェイルブレイク必須。そちらの手順はiPhone Devブログに載ってます。 OS Xの人にはQuickPwnではなくPwnage Toolを使って手動でジェイルブレークしたソフトのイメージを作って、それをiTunes経由でインストールすることをお薦めします。QuickPwnは僕も携帯でまだ動かせなくて、理由も全然わからないので。

    警告 : iPhoneModemのアプリは2つあります。 ひとつはiPhoneModem.deにある無料アプリ(日本語設営手順はこちら)。Macの無線ルータ化を簡単にするユーティリティがついてるので、ここではそのチュートリアルをご紹介することに。Windowsでも使えるそうですけど、付属アプリもないし、Windows向けの手順説明も残念ながらないんですよね…。

    もうひとつのiPhoneModemは10ドルのシェアウェアで、Windowsの設定アプリも同梱です。ギズのテストはまだなので、感想コメントで教えてくださいね。 3proxyというアプリを使って行う方法もあって、そっちは手動の設営が沢山必要ですけど試してみる価値はありそう。

    あとWindowsならPDANetもお薦めです。これもCydiaが出してるアプリで、日本語の詳しいガイドがこちらこちらにあります。是非お試しを。

    1.ジェイルブレークが済んだら、Cydiaを開き、「iPhone Modem zsrelay」というパッケージをインストールします(“modem”で検索すると見つかりますよ)。OpenSSHもインストールします(これは“SSH”で検索します)。 BossPrefsもお薦め。SSHが起動中なことが分かるので。

    2. iPhoneModem.deヘルパーアプリをダウンロードして起動。ステータスバーに出てきたばかりの小さなiPhoneアイコンの下にある「Settings...」に行きます。

    3. 以下の各フィールドに入力します。

    IP-Address of Mac: デフォルト値(192.168.100.1)のまま残しますPassword of Mac: あなたの管理用パスワードWLAN Name: ad-hocネットワークの名称。自分で好きな名前にWLAN Password: 13字。13字なら何でも好きなパスワでOKSOCKS Port: デフォルト(9999)のまま残しますiPhone root Password: alpine (2.xファームウェアならこれでOK)iPhone Mac Address: これは「Settings - General - About - 」の順で開いて見つかります。必ずwi-fi MACアドレスを使うこと。

    4. 設定を保存したら「start connection」に行って指示に従います。Mac側でad-hocのネットワークを作るので、ここにiPhoneで入ってみてください(続ける前にiPhone上のIPアドレスを取得すること)。 みんなスムーズに行くはずですよ。これでテザリング完了!

    アップルが先日、「iPhoneジェイルブレイクは違法」と宣言しましたけど、ギズがまとめたジェイルブレイクアプリの まとめなんかも是非ご参考に。良い週末を~。

    John Mahoney(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    UbuntuをPS3にインストールしてビンテージゲームをエミュレートする方法

    iPhone に好きな曲の 着信音 を設定する方法を詳しく解説させていただきます

    iPhoneのバッテリーを長持ちさせる10の方法

    iPhoneのバックアップ処理をオフにする方法

    紙を みっくみく にしちゃう方法

      あわせて読みたい

      powered by