無人電気自動車タクシーでドバイが目指すエコな都市

無人電気自動車タクシーでドバイが目指すエコな都市

アラブ首長国連邦は、無人運転の車を自動制御する交通システム(PRT)を導入することを計画しているようです。早ければ今年中に、建設中の新都市マスダール・シティーを無人の電動タクシーが走りまわるようになるそうです。

この、Systematica製のPRTシステムを導入することによって、マスダール・シティーは完全に自動車いらずの都市を実現できるとか。また、この無人電動タクシーは約秒速7メートルで走ることができるそうです。最長のルートは2.5キロぐらいを設定していて、道路は未来都市みたいに2階建て構造になるようです。

ちなみに、運賃は通常のタクシーと同じぐらいだそうです。きっと、大富豪たちは自家用タクシーを持つんでしょうねぇ。

今回ご紹介したタクシーみたいに、可愛いような? ウルトラマンっぽいような? ルックスではないけれど、PRTシステムを導入して、無人電気自動車がびゅんびゅん走っている都市は、実はもうこの世の中にあるそうです。知ってました?

2090201prtsystem2.jpg
現在のところ、このPRTシステムを導入しているのはウェストバージニア州のモーガンタウンだけ。テクノロジーの値段が今よりも数段高い1975年に導入しました。また、マスダール・シティーのシステムに似たかんじのものが、現在、ロンドンのヒースロー空港で建設中だそうです。でも、これはマスダール・シティー計画よりも、ずっと規模が小さいですけどね。これから、エコの波にのって、導入するところが増えるかもですね。

[Treehugger via Dvice]

Elaine Chow(原文/junjun)

【関連記事】

Core77の地球に優しいエコなガジェットコンペ

空飛ぶエコなデューンバギー、砂漠横断アタックを敢行中!

上海万博マカオ館は巨大なウサギちゃん

家でもこぎ続けないと走らない、Mっ気たっぷりな電動自転車

雨水を飲めるようにする傘

      あわせて読みたい

      powered by