コンクリートブロックを使った加湿器のコンセプトデザイン

    コンクリートブロックを使った加湿器のコンセプトデザイン

    乾燥する季節は欠かせないものになってきた加湿器。こんなコンクリートブロックを使ったシンプルな加湿器があったら、クールでおしゃれな部屋を演出しながら、部屋に湿気が補えますね。

    なぜ加湿器にコンクリートなの? という疑問がまず頭に浮かびますが、コンクリートは「水分をすばやく吸収したり、逆に気化させる特質」を持っているのだそうです。くぼみのついたコンクリートの塊に水を注いで使います。重量センサーを組み合わせ、水分がなくなったら自動的にスイッチが切れる仕組みになっているとか。効率的です。

    デザイナー、Sang-Jang Leeのコンセプトデザインです。

    [Yanko]

    Andrea Wang(MAKI)

    【関連記事】

    「Chimney2」:冬の部屋に霧が降るのだ

    風邪防止! 季節柄便利なUSBミニ加湿器

    ガンダムに出てきそうな加湿マシーン

    正しくオフィス女性向けのギフト【激安クリスマスギフト】

    缶が蒸気をまき散らす加湿器

      あわせて読みたい

      powered by