超高層ビルでスモッグを取り除くぞ!コンセプト

    超高層ビルでスモッグを取り除くぞ!コンセプト

    このエコ・アイディアはとってもシンプルです。汚染がひどいエリアに200本~400本の木を植え付けたタワーを設置するんです。ゆうなれば、これは巨大なフィルターみたいなかんじで植えられた木がスモッグを除き、CO2を酸素に変換してくれるという仕組み。

    図解するとこんなかんじ

    20090208co2-skyscraper-2.png

    さらに説明すると、構造の内部の木々は風力を動力とするポンプ・システムを使って栄養分を与えられて育つ仕組みになっています。なので、こんなに巨大だと水をあげるにも、何をするにも、かなり沢山のエネルギーが必要なんじゃ? というご心配はいりません。だいたいは、自分でまかなえるんです。

    でも、こういうのって本当に機能するの? って疑問もありますよね。もしかしたら、頭の上から木が落ちてきちゃったりとか…そんな大惨事が起きる可能性も否めませんから…。

    ちなみに、木は葉っぱが落ちない針葉樹がオススメかな。

    [Core77]

    Sean Fallon(原文/junjun)

    【関連記事】

    葉っぱのように小さく薄いソーラーパネル「GROW」

    水で走るクルマ、ジェネパックスより新登場(動画あり)

    エコとデザイン性を兼ね備えたフィルター

    地球温暖化防止に貢献するエコな携帯クーラー

    フォルクスワーゲンの20年後の車

      あわせて読みたい