運転席が軽自動車になる未来のキャンピングカー(写真集あり)

    運転席が軽自動車になる未来のキャンピングカー(写真集あり)

    これで永久に家出して暮らせそうです…

    ドイツ生まれのデザイナーの卵、Christian Susana氏が発表した、未来のキャンピングカー「Colim」は、自動車としての完成度にもこだわってるとこがナイスですよ。キャンピングカーって、なんともトレーラー車体がイカツかったり、分離式でないと、常にバカデカかったりして、毎日の生活スタイルにはフィットしづらいものがあると思うんですけど、このColimには、ちょっとした移動の時には、スイスイッとドライビングスペースのみ、軽自動車感覚で飛び出す構造が採用されてますね。これがなかなか、未来感あふれるシースルーデザインで、イケてるんですよね。

    一方、最高4名の収容を想定した、メインとなる居住スペースは、キッチンやバスルームに加えて、よりプライベートな個室を設けたり、開放感あふれるリビングを作ったりと、自由度の高い間仕切りデザインを採用。利用者のアイディア次第で、どんどん間仕切りスペースを変更し、好みの生活空間を創造していけるそうです。

    脱着式のドライビングスペースデザインによって、キャンピングカー全体のサイズも、かなりコンパクトに仕上げることが可能となり、このビッグカーにしては、低燃費仕様にもなっているのだとか。

    続きには、細部まで美しいColimの全貌解明写真集を置いておきますね。

    090217b.jpg

    090217c.jpg

    090217d.jpg

    090217e.jpg

    090217f.jpg

    090217g.jpg

    090217h.jpg

    090217i.jpg

    090217j.jpg

    090217k.jpg

    090217l.jpg

    090217m.jpg

    こんなスタイリッシュでプライベートな別荘があれば、もうこのご時勢ですから、わざわざ家なんて持たなくってもいいですよね。

    Tuvie via Jalopnik

    Mark Wilson(原文/湯木進悟)

    【関連記事】

    キャンピングカーを自作、しかも和風

    日本の道路事情に見合ったキャンピングカー

    贅沢なテレビ観賞ができるキャンピングカー

    自転車用一輪トレイラー

    どこか懐かしい中国の次世代自転車.

    あわせて読みたい

    powered by