ハッブル宇宙望遠鏡の修理、衛星の衝突事故が原因で中止の危機

    ハッブル宇宙望遠鏡の修理、衛星の衝突事故が原因で中止の危機

    ハッブル宇宙望遠鏡が危機に見舞われています。

    先日お伝えした、ロシアの衛星米イリジウム社の衛星衝突事故。これにより現在この衛星軌道上では、撒き散らされた600個以上デブリ(宇宙ゴミ)時速28163kmで飛び交っています。

    これが原因で、5月に予定されていたハッブルの修理ミッションが困難になる可能性が出てきました。破片が宇宙船や宇宙飛行士に当たったりするリスクが高まっているのです。NASAは2週間以内にリスト計算を行い、修理ミッションを実行するかどうかを決定するとのこと。そしてミッションを中止した場合は、ハッブルの寿命はあと1、2年となるとのことです。

    宇宙の謎の解明が遠のくのは悲しいです…

    [Discovery via Wired]

    Sean Fallon(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    宇宙人探しはハッブルにおまかせ

    「この宇宙はひとつの巨大なホログラムである」~GEO600の騒音の謎に大胆仮説

    ハッブル無事再生、Star Fox 64の失われたレベルをさっそく激写

    ハッブル宇宙望遠鏡のバックアップコンピュータ486、18年ぶりの目覚め

    存在の耐えられない軽さを知る指輪

      あわせて読みたい

      powered by