[東京モーターサイクルショー2009]車格の立派な125ccバイクたち

[東京モーターサイクルショー2009]車格の立派な125ccバイクたち

デザートはこちら。

燃費は良いし税金も保険も安いし街中なら十分な速さで走れるし二段階右折をしなくていいし原付の30km/h制限はないしタンデムもできるし。そんなメリットいっぱいのアンダー125cc、第二種原動機付自転車たちを集めてみました。

日本では通勤特急アドレスV125以外あまり注目されない125ccクラスですが、世界的には大人気。自動車免許のオプションとして125ccまでのバイクが運転できたり、大排気量バイクの保険代が高すぎて乗れたものじゃない国々では125cc前後の排気量のバイクが主流ゆえに、大人が乗っても満足できるフルサイズなバイクも多数作られているようです。

デザインにも注目。このマラグーティ(イタリア)X3M 125や、3枚目のデルビ(イタリア)Mulhacen、4枚目のTRAIL TERRA、8枚目のヒョースン(韓国)RX125Dなどはカタチもいいしアイポイントも高いから、現代のシティコミューターとしてベストではないでしょうか。

090329-DSC_3154.jpg

090329-DSC_3161.jpg

090329-DSC_3196.jpg

090329-DSC_3198.jpg

090329-DSC_3209.jpg

090329-DSC_3260.jpg

090329-DSC_3285.jpg

090329-R0011064.jpg

090329-R0011076.jpg

東京モーターサイクルショー 2009

(武者良太)

【関連記事】

[東京モーターサイクルショー2009]バイクもいいけどおねーさんもね

[東京モーターサイクルショー2009]躍動感のある2009年のバイクたち

    あわせて読みたい

    powered by