日の目をみなかったゲームボーイ/DS後継機

    日の目をみなかったゲームボーイ/DS後継機

    1つの成功の陰には100の失敗があるといいます。

    これはGDCで任天堂の桑原雅人がプレゼンしていた「日の目をみなかったゲームボーイ/DS後継機」たちです。

    一番左は「カードを2枚させるDS」。ふだん遊ぶ用といざという時用ということだそうですが、あまりにも大きく重くなりすぎるのでお蔵入り。

    真ん中のはゲームボーイ用「タッチパネル・アダプター」。1998年製。たぶん実際に触ったら、バランスが悪すぎて実用に耐えなかったでしょうね。

    いちばん右は妙に巨大なゲームボーイ・アドバンス。1995年製。右側に並べられているのはDSiです。

    こうした失敗の上にできた現在のDSiは、同氏によると「DSの決定版と言えるもの」だそうで。詳しくはKotaku(英語)をご覧ください。

    そういえば僕のDSはLiteですらないんですよね。でもまだ全然元気に動くしなあ。

    [Kotaku]

    John Herrman(いちる)

    【関連記事】

    キン消し世代のハートを熱くする、香るファミ消し石けん発売中(写真集あり)

    ニンテンドーDSiの「i」はどういう意味?

    ゲーム機くんたちは実は仲良し!な癒されマンガ

    任天堂、DSiでApp Storeのような展開を希望?

    ゲームボーイ風PSP

      あわせて読みたい

      powered by