iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫

    iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫

    iPhone/iPod touchとアップルの次期端末に入る次世代OS「iPhone 3.0 OS」がついに発表に! ここではみなさんが知っておくべき全情報をリアルタイムでまとめておきます。

    iPhone 3.0 OSの主なアプリ機能

    100件を超える新機能の中にはあの待望の…コピペも!

    ●コピペ

    テキスト上をダブルタップすると、ダイヤログボックスが開いて「カット、コピー、ペースト」のオプションが選べる。またダブルタップすると、クリップボードに貼り付けたものがある時は“貼り付け”のバブルが開く。

    090317iphone30softwareb146.jpg

    このコピペは全アプリ共通で使える。選択範囲は親指を使って広げることができる。貼り付けたくないものをウッカリ貼り付けちゃったら、iPhone本体をシェイクする(振る)だけで取り消せる。

    090317Cut-Paste_c.jpg

    090317Cut-Paste_b.jpg

    090317Cut-Paste_g.jpg

    090317Cut-Paste_h.jpg

    090317Cut-Paste_e.jpg

    090317Cut-Paste_f.jpg

    090317Cut-Paste_i.jpg

    090317Cut-Paste_a.jpg

    090317Cut-Paste_d.jpg

    ●写真もコピペ

    コピペは写真もできる。アクションボタンをタップすると複数の写真も選択可。あとはメールにコピー、ペーストして送信するだけ。

    ●新Spotlight

    iPhone OS 3.0はSpotlight内蔵。デバイス内の情報はすべて検索対象になる。アプリ内の情報も、そのアプリが新Spotlightに対応し次第、検索に引っ掛かる。

    090317iphone30softwareb185.jpg

    上のスクリーンショットを見ると、Spotlightの検索結果にアドレス帳、地図、iPod、アプリ内の情報まで出ているのが分かる。

    ●メール、カレンダー、iPodの検索 以上3つのアプリでは特別な検索インターフェイスを使っている。メール内検索はまだメッセージ本文まで対応してないが、IMAPサーバー内検索はサポートしているので、Gmailにログインする時間が大幅にセーブできるね。

    090317iPhone30Search_b.jpg

    090317iPhone30Search_c.jpg

    090317iPhone30Search_a.jpg

    090317iPhone30Search_d.jpg

    ●3Gテザリング iPhone 3Gをラップトップに繋ぎ、ネット接続モデムとして活用できる機能。利用には電話会社の許可が要るだろうし、その分利用料も高くなりそうだ(その辺の発表はまだナシ)。

    090317iphone30softwareb165.jpg

    ●ランドスケープのキーボード メールやノートの各機能では、ランドスケープ(横長)モードのキー配列(上)も加わった。

    090317iPhone30Landscape_c.jpg

    090317iPhone30Landscape_a.jpg

    090317iPhone30Landscape_f.jpg

    090317iPhone30Landscape_b.jpg

    ●マルチメディアメッセージング(MMS) メールできない携帯持ってる人たちにリッチコンテンツが送れる新通信手段。新MMS機能では画像から音声、VCardまでなんでもメッセージに取り込んで送信できる(ただし動画については発表ナシ)。 僕はメールがあるから使い道ないけど、欲しがってる人もいる模様。

    090317iphone30softwareb176.jpg

    ●新たなカレンダー種別にも対応 iPhone OS 3.0では、ウェブのカレンダーも2つのプロトコルでサブスクリプション可能になった。 グーグルとヤフーがサポートしているCalDAVと、アップルがiCalで使っている.icsフォーマットの2つ。

    ● 株のアプリも改善 株式情報のアプリでは、市場を動かす最新関連ニュースが読める。スキャンダル、市場暴落、会社が地獄に落ちる瀬戸際に政府緊急補助金から豪華ボーナスをゲットするエグゼキュティブの動向も丸見え。サンキュー、アップル。

    ● Bluetooth A2DP対応ステレオオーディオ iPhone 3.0はヘッドフォンやスピーカーなどBluetooth A2DP対応ステレオ機器とペアリング(組み合わせ)も可能だ。

    ● メモ(ノート)はiTunesとシンクできる

    ● Safariはログイン認証情報も記憶できる ユーザーネームとパスワ忘れても大丈夫。

    ●シェイクでシャッフル♪ iPodアプリ利用中は、本体を振るだけでシャッフルモードが始まる。スポーツで聴く人には邪魔なので、オプショナルだといいけど…。

    ●Wi-Fi自動ログイン 有料ホットスポット利用料を払ってる人は、iPhone/iPod touchでそのアカウントに自動ログインできる。

    ●フィッシング詐欺防止機能 悪玉サイトに騙されそうになると、Mobile Safariが警告アラートで教えてくれる。

    ●保護者による制限機能を拡張 アダルトコンテンツのフィルタリング機能は、サイトと楽曲(ポルノアプリ)から映画・TV番組・アプリまで範囲が拡大した。

    新APPLEアプリ

    アップルのiPhone OS新バージョンには新ウィジェットも入っている。:

    ●音声メモアプリ 読んで字のごとく、声や、他のどんなサウンドでも録音してメモが残せる機能。どんなアイディアも忘れない! FBI特殊捜査官ごっこもできる!

    090317iphone30softwareb174.jpg

    ●ファイル送受信 iPhone/iPod touch同士でファイル交換が可能なアプリ。

    サードパーティーの新アプリ機能

    新「iPhone OS 3.0」では1000のAPIが加わり、ケーパビリティーがさらに拡張した。

    090317iphone30softwareb40.jpg

    ●P2P Wi-Fiコネクション

    • 新APIではWiFiネットワークがなくても、2台のiPhone同士を直接WiFiでP2P接続できる。これは互いの存在をBluetoothで探知しあってWi-Fiで繋ぐ、というもの。バルセロナのMobile World Congress会場で見た技術なので、こちらで動画をご覧になると大体の感じがつかめると思う。

    これができると、いろんなことができるよね。楽曲転送はさすがに許可しないと思うけど、他の情報はなんでも転送できるだろうし、2端末のアプリ同士で直接コミュニケーションも可能だ。例えばペットゲームで犬2匹を一緒に遊ばせたり。

    プッシュ・ノティフィケーションと合わせると、iPhone同士でゲーム対戦の招待を飛ばし合ったりもできそうだ。

    ●コンテンツは遠隔でブラウジングできる iPod内蔵アプリでは、他の人たちのiPhone/iPod touchに入った楽曲はもちろんブラウジングできないけど、 アップルのForstall氏によるとサードパーティーのアプリではそれが可能らしいよ。

    ●iPhone/iPod touchは周辺機器のリモコンにも使える

    以下は、iPhone使ってラウドスピーカーのサウンドをエコライズしてるところ。

    090317iphone30softwareb51.jpg

    応用はエンドレス。Johnson and Johnson社では早速グルコース(ぶどう糖)計測モニタリング装置につなげるアプリ「LifeScan」をリリースする。これは何か異変があると他の人に自動で警告がいく機能までついてるんだって!

    090317iPhone30_Equalizer_a.jpg

    090317iPhone30_Equalizer_b.jpg

    090317iPhone30_Equalizer_c.jpg

    090317iPhone30bloodpressure.jpg

    090317iPhone30FM.jpg

    ●アプリケーション内Map

    新アプリでは地図も直接使える。これからは地図もAPIとして活用できる。

    090317iPhone30Maps_in_App_c.jpg

    090317iPhone30Maps_in_App_b.jpg

    090317iPhone30Maps_in_App_e.jpg

    090317iPhone30Maps_in_App_a.jpg

    090317iPhone30Maps_in_App_d.jpg

    ●ターン・バイ・ターンの方向指示機能

    開発者はiPhoneから引き出したGPS情報を独自のマップと組み合わせて、曲がり角ごとに進路を指示するアプリも作れる。 3G接続やGoogleに頼る必要はない。

    090317iphone30softwareb62.jpg

    090317iPhone30_Turn_by_Turn_a.jpg

    090317iPhone30_Turn_by_Turn_b.jpg

    090317iPhone30_Turn_by_Turn_c.jpg

    ●プッシュ・ノティフィケーション(通知)機能ついに実現

    iPhone OS 3.0アプリではウェブ情報が自動受信できる。例えば新規のIMメッセージがきたら、iPhoneにバイブや音で着信アラートが入る。これはアプリがオフのときでも作動する。

    090317iphone30softwareb65.jpg

    090317iPhone30PushNotification_a.jpg

    090317iPhone30PushNotification_c.jpg

    090317iPhone30PushNotification_b.jpg

    090317iPhone30PushNotification_d.jpg

    ●アプリ内音声コミュニケーション

    iPhone 3.0アプリはVoIPサービスも利用可。つまり例えばゲームで対戦しながら、他のユーザーとチャットも楽しめる、ということ。これは通話機能を使うんじゃなく、Wi-Fi接続経由のネット電話だよ。

    ●ランブリング(Rumbling) コンソールのジョイスティックみたいに、ゲームその他のアプリを使う際にはランブル操作が可能になった。

    ●録音 この録音機能はサードパーティーのアプリでも使える。

    ●アプリから楽曲にアクセス 今後のアプリでは、iPhone/iPodのミュージックライブラリにもアクセスが可能となる。つまりアプリを起動中、手持ちの音楽も流せる、ってこと。

    App Storeの新機能

    開発者・消費者双方に新しい購入方法を提供。

    ● アプリのサブスクリプション(購読利用)サービス

    - ひとつのアプリを購入後、コンテンツを追加購入できる(タウン情報アプリなら新しい街を追加したり)

    - ゲームはひとつのレベルをクリアすると、次のレベルを追加購入できる。

    基本的にこれで開発者も、アプリを1回売っておしまい…ではなく、売り物が増えることに。消費者はとりあえずアプリを買って気に入ったらそのエクスペリエンスを徐々に拡大していける。

    ● この仕組みはアプリ内で直接利用できる。内部の決済はApp Storeを通過してるのだが、ユーザー的にはストアに行かなくてもアプリ本体から直接追加購入できてしまう。

    090317iphone30softwareb53.jpg

    価格

    iPhone OS 3.0は、iPhoneユーザーは誰でも無料でアップデートできる。第1世代iPhone利用者も無料で更新できるが、Stereo Bluetoothサポートのように第1世代端末がサポートしてない機能も一部ある。 iPod touchユーザーは9.95ドルの有料。

    ベータ版申し込みはこちらから(英語版)。

    Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

    0901applestore.jpeg

    【関連記事】

    iPhone 3.0がワイヤレスモデムとして正式対応?

    iPhone3.0、ついにコピペに対応!

    iPhone OS 3.0ではアプリ内で買い物ができる

    iPhone OS 3.0はSpotlight内蔵

      あわせて読みたい

      powered by