Linux、15歳の誕生日おめでとう!(動画)

Linux、15歳の誕生日おめでとう!(動画)

Linuxカーネルも15歳!

この13日の金曜日はワールド・ワイド・ウェブも20周年のダブル記念日で、めでたしめでたしですねー。ここではリコンパイルと著作権改革に情熱を注ぐターミナル入力の仲間たちと歩んできた15年の歩みを振り返ってみましょう。

[Linux 15年の主な出来事]

1987年: もっと危ないハードコアなお兄ちゃん「MINIX」誕生、永遠の憧れとなる。

090313_Richard_Matthew_Stallman.jpg

1991年: リーナス・トーバルズ、大学のUNIXサーバーに自由にアクセスできないのに腹を立て、コードを書く。これが君のDNAだ。…親がベガスのハネムーンで酔っ払ってドライブスルーで授かったよりは良い話だと思うよ。

1994年3月13日: ここにある非常にハードコアなログファイルによれば、君のバージョン1.0がリリースになったのは15年前のちょうどこの日。

1996年: 2歳。もうロゴができた。ペンギンのTuxだよ。リーナスはペンギンに噛まれたこともある珍しい人だからね…。

1998年: 養父的存在のリチャード・ストールマン(Richard Stallman)、ヒゲを剃る。1日で元に戻る=写真=。

2000年11月: 初のLinuxケータイ「IMT-2000」が韓国で発表に。SKテレコムとソウル大学校、“PalmPalm Technology”による共同開発。

2003年: 世界の情報を吸い上げるスポンジみたいな神童にLinuxを喩える、あの薄気味悪いIBMのCM(下)はこの年にできた。

2004年: Ubuntu初リリース、やっとこれでメインストリームの仲間入りだね!

西暦???年: 僕の家のトースターもついにLinux。

素晴らしい人生。きっとこれからもずっとナードに年を重ねていくんだね。がんばれ、Linux!

…あ、僕ってばOSにバースデーカード書いてしまった…ギークポイント高過ぎ…。ちょっとエアガンでCoors Liteの缶撃って頭冷やしてきます…。

John Mahoney(原文/訳:satomi)

【関連記事】

Linuxの起動シークエンスを可視化してみた

「Ubuntuのデルがややこしいからオンライン大学履修できなかった」と女子大生がTV出演(動画あり)

UbuntuをPS3にインストールしてビンテージゲームをエミュレートする方法

Linux PCインサイドな電気プラグ「SheevaPlug」

アップルのネットブックの正体はeBook、本をトラックで大量搬入の噂

UPDATE: 抜けを修正しました、ご指摘ありがとうございます。

    あわせて読みたい

    powered by