宇宙の闇に隠れてジッとあなたを見ているステルス衛星「Misty」

    宇宙の闇に隠れてジッとあなたを見ているステルス衛星「Misty」

    Misty―これは宇宙の夜霧に紛れて地球を見張ってる、最新鋭のスパイ衛星のコードネームです。

    1990年にスペースシャトル「アトランティス」の軍事ミッションで打ち上げられたのが最初ですけど、このMisty、実に摩訶不思議なものの影に隠れているのです。バルーンです。

    超極秘プログラムという性格上、どう姿を隠しているのか、詳しい仕組みは今に至るまでほとんど分かっていません。唯一の手がかりは、米政府向けに設計を手がけたTeledyne Industries社(社名からして怖い)の特許申請だけで、そこにあるのが以下の図です。

    理論上は打ち上げ後、衛星軌道に入ってからこのとんがりコーンみたいな反射するバルーンを膨らませ、先端を地球に向けて地上レーザーやレーダー波を屈折させて、姿を隠してる、ということのようですね。本当にこの特許技術を採用したかどうかは、不明ですが。

    090303misty2.jpg
    地球はあっち

    1990年代半ばアマチュアの衛星監視団体に見つかり、ワシントンポストに開発費1兆円投入の事実をスクープされ、議会で批判されたのでも有名なMisty。隠しても隠しても上には上がいるようです。

    GWU via This Is Rocket Science]関連:裏板橋区188丁目まなにえ

    Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    イージス弾道ミサイル防衛が見事スパイ衛星を撃ち落とす瞬間を捉えた動画

    米スパイ衛星爆破の背景とコスト

    NASAの火星周回衛星、北極の雪崩 をスクープ

    衛星修理士第1号「ASTRO」

    ついに米露衛星衝突、Wall・Eのデブリ宇宙にまた1歩

      あわせて読みたい

      powered by