キン消し世代のハートを熱くする、香るファミ消し石けん発売中(写真集あり)

    キン消し世代のハートを熱くする、香るファミ消し石けん発売中(写真集あり)

    おフロでファミコンできますよ~ん。

    キン消し(キン肉マン消しゴム)、カー消し(スーパーカー消しゴム)とくれば、やっぱりファミ消し(ファミリーコンピューター消しゴム)でしょう。と、思わず、手にとって舐めたくなるような、懐かしのゲームコントローラーが、派手な美味しさで(!?)復刻しましたよ。といっても、今回は消しゴムじゃなく、石けんなんですけどね。

    Digitalsoapsが、NES(米国版ファミコン)からプレイステーションに至るまで、豊富なラインナップでそろえてきた石けんシリーズは、そのリアルなデザインカラーのみならず、男性のボディーに潤いを与える香りにまで気を配った、なかなかの自信作だそうですよ。PC好きには「Soap Mouse」なんてありましたけど、こちらはより忠実なデザイン再現とパフュームにもこだわった、真のゲーマー御用達の逸品ですねぇ。

    すでに人気殺到で売り切れてしまったものもありますが、米GIZMODO編集チームが総力を上げて集めてきた、その貴重な作品集のフォトギャラリーを、続きのページに置いておきますので、ぜひご覧くださいませ。

    090303c.jpg

    090303d.jpg

    090303e.jpg

    090303f.jpg

    090303g.jpg

    ブルーオイル、ブラックベリー、オレンジグリセリン、シトラス、アップルブランデー、ドラゴンズブラッド、ココナッツなどなど、なんとも美味しそうな香りばかり漂う、見た目もゼリー風の石けんなんですけど、Digitalsoapsによれば、どの石けんも、テーマにしているのは「セクシー・フォー・メンズ」なんだとか。ファミコン世代の心をくすぐりつつ、さりげなくお洒落に決められるパフュームがアピールポイントなんだそうですよ。

    ちょっと面白いのは、なぜか石けんの世界でも、ソニーより任天堂人気が顕著なんだとか。すでにファミコンデザインの石けんには売り切れが続出中。おまけに販売価格でも格差が出てきておりまして、NESコントローラー石けんの値段は8ドルからとなっているのに対し、初代プレイステーションコントローラー石けんならば、5.25ドルからのラインナップのようですね。むむむ、やはり任天堂は恐るべしなんでしょうか。

    ちなみに海外発送もオッケーですので、日本のギズ読者の皆さまも、まだ間に合えば購入できますよ。バスルームで人生リセットして、男の香りで再挑戦いたしましょう。あっ、でも、せっかくの美しいコントローラーですから、ちょうどボタンのとこに、ダサく毛っ毛が絡まっちゃったりしないように気をつけましょうね…

    Digitalsoaps - Etsy via BBG

    John Mahoney(原文/湯木進悟)

    【関連記事】

    誤字をピンポイントで消す、スナイパー消しゴム

    重さ2kgもある消しゴム「レーダー S-10000」

    あまりにも美味しそうな消しゴムたち

    DELETEキー型消しゴム:「Tersumus delete-key」

    クレイジーすぎる文具 まとめ

      あわせて読みたい