枕と掛け布団を一体化してみる

    枕と掛け布団を一体化してみる

    僕たちは普段寝るとき、枕、ベッド、毛布、タオル、掛け布団…と用意するものと思い込んでいますが、それはただの固定観念なので取り除いてもいいのかもしれません。

    この「Pillow Blanket」は、枕+掛け布団です。枕を碁盤の目状につないでいて、1箇所だけが開いています。寝るときは寝袋の要領で、この穴に体を潜り込ませます。

    穴の周囲の枕のどれかが実際に枕になり、他の枕は掛け布団になります。もちろんこれだけだと寒い可能性があるので、さらに毛布やらなにやらは必要だとは思いますが…

    あ、これ、寝室じゃなくてリビングにあってもいいかもしれませんね。ずっとまどろんでいたい週末に大活躍しそうです。寝るのはタダですし。

    090326pillow02.jpg

    090326pillow03.jpg

    [designboom]

    Andi Wang(いちる)

    【関連記事】

    美女とクールに過ごすホットな夜

    頭に銃弾を撃ちこまれ倒れた、みたいになれる枕

    とってもホットな「トースト」マットレス~!

    眠りの質を採点する装置

    ナショナルの「快眠プログラムマット」:エアバッグでマッサージ

      あわせて読みたい

      powered by