薬指がUSBメモリの人

薬指がUSBメモリの人

これで世界はまた一歩攻殻に近づきましたね。

この広いガジェット界にあって、確実に他の人の2歩は先を行っちゃってる彼の名はJerry Jalava。薬指がUSBメモリなお方だそうです。

バイクの事故で不幸にも指を失った彼は、本物そっくりの指をつけてごまかす代わりに、2GBの容量とLinuxディストリビューションBillixを備えたUSBメモリ・フィンガーを取り付けることにしたのだとか。

指は取り外し可能なので、技術の進歩にあわせて容量を拡大することも可能。スタバなどでパソコンに指を挿してる人がいたら彼だと思って間違いないです。

090315finger-usb02.jpg

090315finger-usb03.jpg

090315finger-usb04.jpg

090315finger-usb05.jpg

[Flickr via Bergie]

Jesus Diaz(いちる)

【関連記事】

ちぎって作ったUSBメモリ

4GBで1万9950円のオーディオ用USBメモリ

パソコンにしっぽを生えさせる「ネコのしっぽ風USBメモリ」

USBメモリで勤怠データ管理

あなたの空腹を満たしてくれるかもしれないUSBメモリ

    あわせて読みたい

    powered by