映画製作費が1000万円切る『Turbo』の本格映像

    映画製作費が1000万円切る『Turbo』の本格映像

    (1)今から10~20年後のゲームはこうなる?

    (2)今の技術は、こんなすごい映画が10万ドル(1000万円)切る低予算で撮れてしまうんだなあ。

    という2つの見どころが話題の新作。

    映画の名門、南カリフォルニア大(USC)フィルムスクールの院生たちが卒論プロジェクトとしてRED Oneカメラで撮った短編映画『Turbo』です。ジャレット・リー・コナウェイ(JARRETT LEE CONAWAY)監督率いるチームの名前は「Ember Lab」。

    ちっちゃくまとまったティーンのメロドラマとはだいぶ違う雰囲気ですよね。特殊効果も他のどんな2D風戦闘映画にも引けを取らない印象。

    視覚効果の処理に5ヶ月以上かかったそうですよ。映像は大体のところはアドビのAfter Effectsを使って合成し、あとはIllustrator(2D映像)、Maya(3D映像)、Shake(追加の合成)で処理しました。

    ストーリーはプロのゲーマー集団「Pharaoh King」に加わりたい主人公Hugo ParkとライバルのShamusが、4D戦闘ゲームのアリーナで戦う、という筋立て。

    ゲームの未来図は『ベスト・キッド(Karate Kid)』、『トロン』、『パンチアウト!!』、『ストリートファイター』にインスパイアされたもので、ヘルスバーのようなモチーフを使ったり、'80年代風のネオンで現実世界のカラーを出してます。

    上映時間20分。4月30日LAにて劇場公開となるほか、以下公式ウェブでも販売を予定しています。これは興行成績も気になる!

    [Turbo]

    Daniel Padronさんの情報提供に感謝。ご成功祈ってます!

    Mark Wilson(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    ピクサー『UP』予告編で僕らの気持ちもだいぶアップ!(動画)

    5D Mark IIで映画初挑戦! クルーが直面した課題&次善策(動画あり)

    『ベンジャミン・バトン』に使われている特殊効果(動画)

    変形する運命を避けられないタブレットケース(動画あり)

    もはや迫力の限界を超えた新作『ターミネーター4』(動画あり)

    UPDATE: 10万ドルに訂正しました、ご指摘ありがとうございます!

      あわせて読みたい