米誌、Surface風マルチタッチPCをたったの350ドルでDIY(動画あり)

    米誌、Surface風マルチタッチPCをたったの350ドルでDIY(動画あり)

    マイクロソフトSurfaceに1万2000ドル払いたくない―と考えた米誌Maximum PCが、マルチタッチテーブルPCを超廉価に自作し、そのノウハウをウェブに公開しました。

    テーブル周囲に赤外線LEDを並べ、PS3 Eyeカメラの中身とプロジェクタ、アクリル板でマルチタッチの仕掛けをこしらえたら、あとは自宅に転がってる自家製木製キャビネと古いPC(Core 2 Duo、内蔵メモリ2GB)を取り付けるだけ。

    材料費たったの350ドル(3.5万円)! しかも、かなり、MS-Surfaceに近いんです。動画とギャラリーで、どうぞ。




    動画では、十指でアンビエント照明を操作するフィンガーペイント、Pong風ゲーム、普通の写真シャッフルなど、とりあえず揃ってるプログラムのデモを見せてます。生煮えの中途半端なDIYじゃないのが分かると思います。

    090407Multitouch_keyboard.png

    090407Multitouch_e.png

    090407Multitouch_d.png

    090407Multitouch_c.png

    090407Multitouch_b.png

    090407Multitouch_a.png

    完成までに2週間かかりました。マシンを駆動するソフトウェアは全部オープンソースのもの(Touchlib、AMCap、FlashOSC)を使っていますよ。以下リンク先に写真がたくさん載っているステップ・バイ・ステップの解説(英語)がありますので、もしうまく行った方は是非ご報告ください!

    [Maximum PC]

    Adrian Covert(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    20年前とほぼ同じ。Photoshopのインターフェイス20年の進化

    Windows 7のマルチタッチ操作のデモ:腕が疲れそうな気が…(動画)

    マルチタッチ時代をリードする!? 手の形をしたストラップ

    巨大マルチタッチスクリーンでミサイルコマンド(動画)

    MacBook Proにマルチタッチ・トラックパッド機能(動画)

      あわせて読みたい

      powered by