液晶のシャープ、ポインティングデバイスに光センサー液晶パッドを採用したMebius NJを発表

    液晶のシャープ、ポインティングデバイスに光センサー液晶パッドを採用したMebius NJを発表

    ポインティングデバイスを、サブディスプレイやスキャナーとしても利用できるようになるとか。

    一見しただけではちょっとタッチパッドが大きいだけの、所謂一つのネットブック、Mebius NJ「PC-NJ70A-W/B」。ですが違いますシャープはお得意の技術でもって、オリジナリティあるモデルに仕立ててきました、

    854×480ドットの4インチ画面となっているポインティングデバイスはタッチスクリーンディスプレイではなく光センサー。ゆえに画面を映しだすだけではなく、ペン先や手袋をはめた状態でもタッチOK。それどころか、指紋や名刺などの読み取り用スキャナーとしても使えるようになるそうです。


    写真に手書き文字を重ねたり、タッチソフトでユーザビリティ をアップさせたり。下記リンクを見るにビギナー層に訴求することを目的としているようですが、ヘビーユーザーにとっても面白い一台となりそう。

    ポインティングデバイス以外の機能は,以下のとおりです。

    CPU・Atom N270(1.6 GHz)

    チップセット・945GSE(720pクラスの動画なら再生OK)

    メモリ・1GB(最大2GB)

    HDD・160GB

    OS・Windows Vista Home Basic SP1

    5月下旬に一般発売予定。価格は8万円前後になるようです。

    メビウスWEBサイト[SHARP]

    (武者良太)

    【関連記事】

    メビウスの輪? ドーナッツのような高層ビルのコンセプト

    マイノリティ・レポート風味のUIをインテルCore i7で実現(動画)

    TechCrunchがタッチタブレット端末を出したよ!

    これぞアップルのネットブックの正体なり!? 謎の中国メーカーから画像流出

    インテルのバレット会長が語るパラノイア、Coreブーム、ギガヘルツの終焉

      あわせて読みたい