「口は空いているのに入らない」を解消するテーブルタップ

「口は空いているのに入らない」を解消するテーブルタップ

電気のソケットの口の数は空いているものの、ACアダプターなどが大きくて入らなくて「ムキー!」ってなる事ありますよね。

特に、きちんと今まで入っていたのに、配線を全部外してやり直そうと思ったときに、もう一度やろうとすると、「なぜか入らない」「今までどうやっていたんだー」ってこともありがち。

そんなときに便利なのがこのスライド式のテーブルタップです。

以下に伸縮させたときの写真があります。

090415medium_3424758177_102ae9e250_1.jpg

090415medium_3424758249_5424f176f5_2.jpg

090415medium_3424758285_77e016e480_3.jpg

090415medium_3425566780_e0c98202b2_4.jpg

こちらが便利なのは、基本機能であるスライドしてソケット間の距離を調整できるのはもちろんですが、普通に使いたいときは、短いままで使用できて場所をとらないのがうれしいですね。

全体の長さが固定されていて、その中でスライドできるものも、それはそれで便利ですが、コンパクトに使えるならそっちの方がいいですよね。

気になるお値段は30ドルですから、普通のOA用のテーブルタップと比較してそんなに高いわけじゃないですね。

でも、この3つの穴があるコンセントを見てると、それが顔文字に見えるのは、ネットのやりすぎかな。でも顔が並んでいるみたいで、なんだかかわいいですね。

「:D :D :D :D :D :D」こんな感じに見えてしまいます。

[Ideative]

Andi Wang(原文/聖幸)

【関連記事】

増設タップにもなるUSBメモリ

電源タップ+照明+小物置き+ガジェット充電

こだわり抜いた電源タップ

重ねられる電源タップ

電源タップをおしゃれにしようとする試み

    あわせて読みたい

    powered by