カーボンファイバー製の義足で新しい人生を歩む少女

    カーボンファイバー製の義足で新しい人生を歩む少女

    このあどけない、まだ5歳の少女エリーは、2005年に髄膜炎により、四肢をすべて失いました。そして、2009年の現在、彼女はカーボンファイバー製の義足をつけている最年少の少女となりました。

    少女が装着した最初の義足は、完全に彼女にフィットしたわけではありませんでした。歩くたびに激痛が少女を襲いました。それは少女にとって歩行を困難なものにしました。その後、彼女を支援するコミュニティの支援や1万5千ドルの金銭的な援助もあり、より小型で軽量のカーボンファイバー製の義足を装着できることになりました。

    彼女の成長に合わせて、義足は2年に一度作り替えられます。

    医師達の心配をよそに、少女は以前の2倍ものスピードで歩けるようになりました。

    「新しい義足は、彼女の人生を変えることになるだろう」と専門家は語っています。

    [Echo via Neatorama]

    Mark Wilson(原文/聖幸)

    【関連記事】

    義足の女性、人魚になる夢叶う

    義足の走者オスカー・ピストリウスの五輪出場にGOサイン

    子犬のホープ、模型飛行機のホイールで義足を作ってもらう(動画アリ)

    MIT、義足を改良中

    追跡用の足ブレスレットを義足につける世界一まぬけな警官

      あわせて読みたい

      powered by