大きすぎるレンズを構える写真家

    大きすぎるレンズを構える写真家

    「それはレンズというにはあまりにも大きすぎた。大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。それはまさに鉄塊だった。」

    写真家のJuzaが持っているのは、以前も紹介したことがある、あの超弩級200-500mmのズームレンズSigma 200-500mm f/2.8 EX DGを装着したキヤノン EOS-1Ds Mark III。全部で15kgぐらいだそうです。

    「三脚などいらぬ!」ということなのでしょうか。現代のベルセルクは写真界にいたのですね。

    [JuzaPhoto]

    Dan Nosowitz(いちる)

    【関連記事】

    【今日の一枚】昆虫の視点

    【今日の一枚】機械の目

    【今日の一枚】これだあれ?

    【今日の一枚】これはなあに?

    水に浮く巨大クレーン

    UPDATE : 誤植を修正しました。ご指摘のコメントありがとうございます。

      あわせて読みたい

      powered by