ソニー、PSPのみで本当にリモート運転できてしまう車を開発中!

    ソニー、PSPのみで本当にリモート運転できてしまう車を開発中!

    これでニンテンドーDSを、間違いなくソニーがぶっ放せますよ!

    ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の欧州部門であるSony Computer Entertainment Europe(SCEE)が、ついに自動車業界にまで本格的に進出しそうな勢いですね。新たに出願されている特許書類から明らかになったのは、なんでもあのPSP(プレイステーション・ポータブル)でリモート運転できてしまう自動車の開発情報なんだとか。

    元々は自動車に備え付けのビデオカメラから映し出される録画ビデオを、Wi-Fi経由でリアルタイムにPSPのスクリーン上に配信し、よりリアルなドライビングシーンを満載したゲーム開発に役立てようとの狙いでスタートしたといわれる同特許プロジェクトですが、ただ配信映像を受け取るのみならず、逆に、その映像からドライバーの視点になりきり、まるでその自動車に乗ってハンドルを握っている運転手のごとく、本当に運転できちゃうようですよ。

    普通のラジコンよりもリアルなドライビング体験を提供するために、運転コースに合わせて、本物そっくりのエンジン音を搭載スピーカーから鳴り響かせ、安全運転にも配慮したコントロール技術に仕上げられていくのだそうですね。

    まぁ、やっぱりレーシングゲームへの応用がメインなんでしょうけど、実は車に乗ってる人は何もしてないのに、皆いつの間にか知らないうちにPSPでリモート操作されて動き出す車で、どこぞへ連れ去られちゃうなんてことだって現実に起きちゃう可能性もありますよね…

    [Siliconera via Joystiq]

    Mark Wilson(原文/湯木進悟)

    【関連記事】

    次期PSPはタッチスクリーンでスライド式?!

    PSPとPS3のUIを全部デザインした人?

    PSP2ではUMDがなくなる?

    PSP2は秋頃リリース

    新型「PSP2」はiPhoneを超える? ソニーの開発プロジェクトをめぐり、噂が飛び交う

      あわせて読みたい

      powered by