ご主人様のおならをTwitterで報告する椅子

    ご主人様のおならをTwitterで報告する椅子

    世の中には、自分のおならには世界中に注目される価値があると信じる一群の人々がいるのかもしれません。

    そんな中の1人なのでしょうか? Randy Sarafanさんは、自らがオナラをしたその瞬間を、多くの人と共有しようと考えたようです。

    使ったツールはTwitter。まずは自分の会社の椅子にTwitterのアカウントを取らせます。そこからが少々複雑なのですが、まず椅子の中に、えっと、まあ天然ガスのセンサーを仕込みます。オープンソースハードウェアArduinoSquidbeeワイヤレスモジュールを使って、センサーが感知した情報をTwitterに流す仕掛けを施します。

    で、結果が…上の画像の通り。

    「今の一発はひどかった…」

    「誰か僕を分解して」

    「他の人の椅子になりたかったよ」

    と、世にも珍しい、リアルタイム椅子の気持ちを知ることができるサービスが誕生した模様です。

    Twitterの可能性って計り知れませんね。なおこのキットは全部オープンソースですので、こちらを参考に皆様も自分の「OfficeChair」のTwitterをやってみてはいかがでしょうか? 部長の椅子に仕込むとか。

    [Instructables via Make]

    John Herrman(いちる)

    【関連記事】

    iPhone対応Twitterアプリのベスト&ワーストをドバッと!

    Twitterやり過ぎでジョン・メイヤー、ジェニファー・アニストンと破局

    Nintendo DS版Twitterアプリ

    「rifflet」は、音楽版の「Twitter」!?

    twitterを読み上げてくれるロボットGanzbot(表情あり)

      あわせて読みたい

      powered by