WILLCOM CORE XGPの実測通信速度は、下り約18Mbps、上り約12Mbpsでした

WILLCOM CORE XGPの実測通信速度は、下り約18Mbps、上り約12Mbpsでした

すごく…スムーズです。

先日のUQ WiMAXに続き、WILLCOMの次世代PHS「WILLCOM CORE XGP」のエリア限定サービスが本日発表されました!

こちらの動画は、会場に設置されたアンテナを経由した通信速度のモニター映像。理論値は上下20Mbpsですが、今回の実測値では、下りが約18Mbps(緑の線)、上りが約12Mbps(1分過ぎから見える赤い線)という数値。グラフを見た限りでは、けっこう安定して速度が出ているようです。街中でも電波状態がよければ、理論値に近い数値が出るかも。現在チューニングを行っており、今年10月ごろに予定しているサービス開始までには、さらに改善を目指すとのこと。いやあ、現時点でも結構速いですね…。ちょっとビックリしましたよ。UQ WiMAXが「下り5.9Mbps・上り3.5Mbps」でしたから。

さてこれに続いては、六本木交差点に設置したライブカメラの映像をストリーミング配信している様子の動画ほか、計3本の動画と、NECデータ通信端末の写真ギャラリーを撮ってきましたので、以下からどうぞ。

●六本木交差点のライブ映像

●約30MBの動画を通信しながら再生

●会場のライブ配信(HD映像)。壇上はおなじみ上様喜久川社長。

1分10秒ごろに、ライブ中継のデモ構成が表示されます。「中継車を使わず、カメラ+通信機器だけで中継を可能にする報道取材用ネットワーク実験」をフジテレビとスタート。

090422willcomcore_6.jpg

090422willcomcore_11.jpg

090422willcomcore_3.jpg

090422willcomcore_2.jpg

090422willcomcore_7.jpg

090422willcomcore_8.jpg

090422willcomcore_12.jpg

090422willcomcore_13.jpg

090422willcomcore_0.jpg

090422willcomcore_10.jpg

090422willcomcore_4.jpg

090422willcomcore_9.jpg


最も気になるのはお値段のほどですが、質疑応答時に出た「料金については?」との質問に対しては、

喜久川氏:

現在検討中ですが、ものすごく高くするということはない。従来のような、定額プランも考慮している。「安く、たくさん使えて、しかも速い」通信サービスを提供したい。

という回答でした。

4/27からスタートする、山手線内の一部(秋葉原~品川、池袋、新宿、渋谷、恵比寿とWILLCOM本社のある虎ノ門周辺)では、法人モニターのみを対象に端末が貸し出されるとのこと。10月には個人も利用できる次世代サービスを開始予定だそうです。

あんなことや、こんなこと、あらあらそんなかゆいことろにまで手を届かせたエントリーをアップしてみたいと考えているGIZMODOにも、モニター用XGP端末が届くように祈ってくれる優しい読者の方が、もしいたら、「はいはい、WILLCOM WILLCOM」とコメントをいれてください。 届け!オレの声! 聞け!わだつみの声!

「WILLCOM CORE XGP」のエリア限定サービス開始について[プレスリリース]

(常山剛)

図解
図解 WiMAXがわかる

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

真のモバイルブロードバンド「UQ WiMAX」を体験してきた

手帳もネットも手放したくない人用の新コンセプト端末「WILLCOM NS」(動画)

「どこでもWi-Fi」と「Eye-Fi」の相性の良さは異常

「京ぽん」、OperaからNetFrontへ乗り換え~WILLCOM・2009年春の新端末(動画あり)

WILLCOM LUの写真&動画レビュー

    あわせて読みたい

    powered by