グーグルもビビッたMS新検索エンジン「Bing」の実力は? 最強7大機能を一挙紹介

    グーグルもビビッたMS新検索エンジン「Bing」の実力は? 最強7大機能を一挙紹介

    今回ばかりはMSに喝采か...

    検索にLiveなんて使ってた人、どれくらいいるんでしょうかね? 検索エンジンといえば、ほぼグーグルとヤフーの2強独占状態なんて感じでしょうけど、その構図を一気に塗り替えるべく、マイクロソフトが満を持して投入してきた新検索エンジン「Bing」の出来栄えが、思いのほかスゴいんだそうです。ちょっとグーグルでさえ、今回はやってきたな...なんて、やや危機感を覚え始めてるんだとか。

    えぇ、マジ~? もうウチは、お世話になってるグーグルさまorヤフーさまで十分なんだけどぉ~

    そうつぶやいちゃったギズ読者の皆さま、どうぞ、まずは百聞は一見にしかずでございますよ。一部、まだ本家の米国バージョンでしか利用できない機能なんかもありますけど、とにかく美味しい機能満載なんですから! 続きにて、その中から選りすぐった7大機能をご紹介しちゃいましょう。

    1. イメージ検索が超グッド!

    Bingの画像検索機能は、かなり洗練されてる感じですよ。検索結果を見せるレイアウトデザイン、マウスオーバーでズームアップカテゴリー指定で検索を絞れるなどなど、なかなかの出来栄えですね。とりわけ、探したい画像のサイズや種類、色まで指定できるので、こんなふうに、壁紙にできる画像のみをピックアップするなんて使い方までできちゃいますよ。

    090616b.jpg

    2. カスタマーサポート検索が抜群!

    ちょっとこのメーカーに物申したい。カスタマーサポートへ電話をつなぎたい。でも、最近のホームページって、もう一体どこを見れば、その電話番号が載ってるのか、さっぱり分からない...なんてことありませんか? わざと電話なんてかけにくいように、見つけにくいとこにしか電話番号を載せてないんじゃないかって、勘ぐりたくなっちゃうことだってありますよね。

    090616c.jpg

    そんな我らが心のモヤモヤを、Bingなら一発解決してくれるのがスゴいとこです。社名を入力して検索をかけちゃうだけで、さまざまな検索ヒントやカテゴリーリンクとともに、隠れていたカスタマーサポートの電話番号も速攻で表示! これは便利ですねぇ。

    3. どうやらガジェット好きらしい...

    ガジェット大好きなギズ読者の皆さま、お待たせいたしました。なんとBingには、こよなくガジェットを愛するエンジンが搭載されているんだとか。試しに、何か製品名を入力してみてくださいね。最新販売価格だの、レビューだの、掲示板でのユーザー評価だの、こういう情報が欲しいんだよなってのが、わりといい感じでヒットして、サイドバーなんかにも表示してくれますから...

    090616d.jpg

    4. 美しいホームデザインは日替わり更新!

    シンプルなスタートページを心がけている感じのグーグルとは対照的に、Bingを立ち上げると表示される画面には、なかなか秀逸な背景フォトが表示されます。そして、このバックグラウンド写真が、実は毎日のように更新されていくことが判明しましたよ。グーグルだと、ロゴデザインが、日々のイベントごとに、時々変化することがありますけど、こうやってページデザインごと刷新されると、1日1度はアクセスして、本日のデザインを確かめたくなっちゃったりするから不思議です。あっ、もしや、それがMSの狙いなのかな?

    090616e.jpg

    5. 指定キーワードはRSSで受け取りOK

    ちょっと「Googleアラート」にも似た機能なんですけど、ほぼどんな検索キーワードでも、RSS対応で最新追加ページの情報なんかを入手できたりしますよ。わりとホットにウォッチしていきたい情報を、BingでRSS指定かけておいて、リアルタイムに受け取っていくなんて便利な使い方ができちゃいますね。

    090616f.jpg

    6. 動画検索が超グッド!

    日本からだって、これは速攻で使えちゃいますよ。もしや、この機能のためだけでも、一気にグーグルやヤフーとおさらばして、Bingに乗り換えちゃおうかなぁと決意させてくれそうな、かなり価値ある機能といえるでしょう。

    090616g.jpg

    なんかいい動画はないかなぁって、ネット上のビデオを検索したい時には、もうこれからは絶対にBingを使ってくださいませ。検索結果の表示ページに並ぶのは、大抵が意味不明という、ほんの一部の動画からカットされたサムネイル画像ばかりで、結局はジャンプして再生するまで、どんな動画がリストアップされたのか、さっぱり分からないなんてことがなくなりますよ。

    Bingの動画検索は、出てきた動画クリップの検索候補にマウスオーバーするだけで、プレイヤーなんかまったく関係なしで、その場で一発動画再生してくれるんです。おまけにスゴいのは、通常は日本からは、プロテクトがかかって見れないような動画だって、この検索結果として表示されるページにさえ挙がってくれば、何の問題もなくプレビュー再生してくれるんですよね。もうこんなムフフ...な動画だって、あんなウッシッシ...なビデオだって、お目当てのお宝動画がザックザク~! あっ、でも、音量調整バーみたいなものはありませんから、いきなり大音量で思わず赤面しちゃうようなビデオが再生されちゃわないように、ご注意あれですぞよ。

    7. リンク先にジャンプせずにサマリーが読めちゃう!

    これ、ぜひとも早く日本語バージョンでも対応してほしいですよね。検索結果に表示されたリンク先の情報は、そこへジャンプすることなく、わりといい感じのサマリーがポップアップ表示されるので、情報入手スピードと効率の大幅アップが望めそうですよ。辞書や百科事典として検索エンジンを使っている時なんかは、もうこのサマリーだけで、十分な情報がゲットできちゃいそうですね。

    090616h.jpg

    いかがでしたか? ちょっとまだ米国バージョンでしか対応してない新機能も多いんですけど、かなりかゆいとこにも手が届く、優れモノになってきたなって印象でしょ? このところ、グーグルの勢いばかり目立ってて、もう検索分野においては、その揺るがぬシェアを奪ってくれるような、革新的なイノベーションはないのかなぁなんて、半ばあきらめモードでしたけど、このBingの登場で、ちょっと目を開かれたような気になりました。

    ぜひマイクロソフトには、日本でも、もっともっとBingの発展に力を入れて、検索エンジン市場に新風を吹き起こしてもらいたいものですね。

    John Herrman(原文/湯木進悟)

    4763199102
    検索は、するな。 (単行本(ソフトカバー))


    【関連記事】

    MS新検索エンジン「Bing」を使ってみた!+米国外から使うコツ

    Googleの検索履歴が証拠になって、ひき逃げ犯が逮捕される

    アップルのサイトで「virus」と検索すると...

    グーグル検索1回でコンピュータ1000台使ってる

    検索クエリ数、Googleの次がYahooではなくYouTubeとなる

      あわせて読みたい

      powered by