神殿? 青い海の上の構造物の正体とは

    神殿? 青い海の上の構造物の正体とは

    コンクリートの柱がニョキニョキとそびえ立つこの構造物。

    北大西洋、アフリカ北部の西側に位置するポルトガル領のマデイラ島にあるとても重要な構造物です。雪や岩から道路を守るスノーシェッドやロックシェッドでしょうか? それとも何かを崇拝する神殿のようなものでしょうか? 右側に見える飛行機も少し気になりますが。

    以下の別角度の写真をみるとわかりやすいですね。

    090626crazyairport3.jpg

    実は、この構造物、空港の滑走路なんですねー。

    以前は、変わりやすい風と短い滑走路で評判が悪かったFunchal空港。滑走路を拡張する必要がありましたが、見ての通り周囲は急峻な山と海。そこで、エンジニアが取ったのが海岸に基礎を敷き、コンクリートの柱で支え、その上に滑走路を敷設するという手法。何とも大胆ですねー。

    ちなみに、滑走路の下は駐車場として活用されていますよー。周囲には、車を駐車するスペースもあまりなさそうな地形ですから、一石二鳥かも!

    でも、僕には青い空と青い海で、やっぱりギリシャあたりにある神殿のように見えます。遠い未来の人間が、将来これを発見したら何だと思うんだろう。車や飛行機を崇拝した神殿だと勘違いするんじゃないんですかね。

    [Premier Holidays via Dark Roasted Blend]

    Jesus Diaz(原文/聖幸)

    4167190060
    空港にて (文春文庫) (文庫)


    【関連記事】

    世界一広い、ドバイの国際空港ターミナル

    デンマークの空港での旅客機事故(動画)

    世界最大の空港「北京空港第三ターミナル」写真集

    空港のセキュリティチェックで没収されたハサミで作ったオブジェ

    空港手荷物検査スレスレな武器ケース風スーツケース(動画あり)

      あわせて読みたい