『8-bit trip』のプロモビデオはレゴ+80年代ファミコンゲームで最高の仕上がり(動画)

    『8-bit trip』のプロモビデオはレゴ+80年代ファミコンゲームで最高の仕上がり(動画)

    レゴのストップモーションアニメと8ビットゲームへのオマージュが出会ったらこうなりました! その名も『8-bit trip』というタイトルのプロモーションビデオ。

    ビデオ製作には1500時間かかったそうです。そのかいあって、3分半の映像を見ている間、ぼくはすっかり80年代に逆戻りして青春がよみがえりましたよ。

    Pongにマリオ、バブルボブルなどが登場して、ピコピコ音の音楽とともに盛り上がります。

    Brothers Brickによれば、アーティストの名前はTomas Redigh、作曲者はDaniel Larssonだそうです。よくやってくれました! すばらしいです。

    [YouTube via Waxy via Boing Boing]

    Jack Loftus(MAKI)

      あわせて読みたい

      powered by