スマートに落書きしちゃおう「LEDスプレーペイント」で。

    スマートに落書きしちゃおう「LEDスプレーペイント」で。

    例外もあるけど、ほとんどのグラフィティはアートっていうより、自分勝手なタギングに過ぎません。でも、シンプルなシグネチャーとLEDとスローシャッター写真を組み合わせてみたら、別もんになりました。グラフィティが新しいジャンルとして生まれ変わったんです。

    Haloはフランス人デザイナーAissa Logerotの考案したLEDスプレーペイント。透明なスプレーペイントのボトルみたいな形をしていて、使ってる間に色や明暗を変える事もできるから、けっこう自由に表現することができちゃいます。そして、内蔵されたバッテリーは、カシャカシャっと缶を振るだけで充電できるっていうかわいいアイディアが盛り込まれています。シャカシャカってすると、なんかスプレーペイントを使ってる感がでますよね。それに、LEDとスローシャッター写真を組み合わせると、光のグラフティを空中にフリーズさせることが出来るから非破壊的なグラフィティを楽しめるってわけです。これなら、誰にも怒られる心配もないし、グラフィティをしたい衝動を抑えなくてすみますね。なんといっても、カッコいいし!

    それでは、Haloで描いたグラフィティ・アートをお楽しみください。

    20090809halo-0120090809halo-0220090809halo-00320090809halo-0420090809halo-05

    [Halo via Core77]

    -Mark Wilson(原文/junjun )

      gather round 特集ページ

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ