中国式「バター」の意外な使い道

    中国式「バター」の意外な使い道

    バターって美味しいですよね

    でも、それだけじゃないんです。なんと、中国では人の命まで救ってるんですよ!どうやって、バターが人命を救っているかというと?

    自殺スポットとして有名な、巨大な鋼橋にバターを塗りたくるんです!

    そうるすと、ツルツル滑って高い所まで登ることができなくなるってワケ。シンプルだけど斬新ですよね。これがまた、結構効果があるっていうんです。

    中国の南東にある広州の役人は、自殺者がよじ登れないように長さ1000フィートの鋼橋の表面全てにバターを塗りつけるように作業員に命令しました。

    政府のスポークスマンShiu Liangさんが言うには、「橋の両側で見はるための番人を雇ってみましたが効果なし。次に、人々が自殺を思いとどまるように特別なフェンスを設置してみたが、それもダメだった。だから、今回は橋全体にバターを塗ってみたところ、効果覿面でした。滑ってしまって、誰も飛び降りる場所までたどり着けないんです。

    メンテナンスする作業員が大変そう~。

    [Metro]

    -Sean Fallon(原文/junjun )

      あわせて読みたい

      powered by