耐久性に疑問? PSP goを早速バラバラにしてみた

    耐久性に疑問? PSP goを早速バラバラにしてみた

    話題のPSP goバラバラにしてみました。

    一番の大きなニュースは充電池保証シールの下にあって、自分で交換すると保証がなくなっちゃうことでしょうか。

    他は、

    • 通常のプラスドライバーで分解可能
    • WiFiは依然 802.11bのまま
    • バッテリーはコネクタ接続
    • 金属フレームなし、筐体のプラスティックで強度を保つ設計
    • ソニー製プロセッサとサムソン製16GBフラッシュメモリを実装

    iFixitによると、保証シールをうまく残してバッテリーを外すこともできなくはないけど、バッテリー交換くらい許してくれてもいいと思うんですけどね。あと内部に金属フレームがないから筐体の剛性感がなくって、安っぽい印象を受けますね。

    バッテリー交換ができないこと、筐体が弱いことに加えてスライドするギミックがあることを総合するとPSP goは2~3年で買い換えた方がよさそうです。まあそういう意味では他のモバイル機器と一緒ですね。携帯電話とか。

    090930_PSP_Teardown_1090930_PSP_Teardown_2090930_PSP_Teardown_3090930_PSP_Teardown_4

    iFixit

    Mark Wilson(原文/野間恒毅)

    ※ご指摘ありがとうございます! 記事修正致しました。

      あわせて読みたい

      powered by