メルセデス・ベンツSクラス、輸入車初のハイブリッドモデル販売開始

    メルセデス・ベンツSクラス、輸入車初のハイブリッドモデル販売開始

    「猫も杓子もエコ、エコ」の大合唱な時代ですよねー。

    メルセデス・ベンツのSクラスも、日本でハイブリッド車が発売されましたよー。輸入車では初です。ベンツのSクラスと言えば、ベンツの最上級グレードでちょっと威圧感のあるようなボディサイズだからエコとか何となく似合わないかと思っていたけど、こういう大きいサイズの車の方が、燃料やCO2などの削減効果は高いかもですねー。

    気になる燃費は11.2km/リットルとプリウスの数字などと比較すると驚くような数字でもないけど、前モデルより33%もアップしてる。レクサスのHVが12.2Km/リットルなので、このサイズならしょうがないのかも。

    お値段は1405万円。輸入車では、初めてエコカー減税の対象となり、自動車重量税、自動車取得税が100%免税されるんだってー。

    なお、トランクの容量は変わらずです。この種の車だと、ゴルフバックを人数分詰め込めるかどうかは、死活問題でしょうからねー。

    [Sクラス:メルセデス・ベンツ日本公式サイト]

    (聖幸)

      あわせて読みたい

      powered by