化石から、3億年前のクモの祖先が蘇った!?

    化石から、3億年前のクモの祖先が蘇った!?

    わぁ大変! Daily Mailの見出しに「コンピューター・テクノロジーが3億年前の古いクモの化石を蘇らせた」なんて書いてあります!

    とりあえず、缶詰、ガソリンを買い貯めて、丘の上に走って逃げましょう。もちろん沢山の兵器も持って。なぁんて、確かにそんな見出しの記事があるけど、幸いなことに私たちが巨大なゾンビ・クモと戦うなんて事はありません。

    じゃあ、なんでこんな事が? というと、ロンドンのインペリアルカレッジの地球科学部の科学者達が、Cryptomartus hindi(クリプトマルトゥス・ヒンディ)とEophrynus prestvicii(エオフリヌス・プレストビキ)という2種類のクモの祖先を化石からCTスキャンを使って再現する事に成功したから。

    今、ご覧になっているのはEophrynus prestviciiのお腹側。今にも動き出しそうな雰囲気をか持ち出していますけど、3000のX-ray写真から構成された3Dコンピューターモデルにすぎないので、怖がらなくても大丈夫。しかも、こんなにリアルな姿を再現できたおかげで、研究チームは、Cryptomartus hindiとEophrynus prestviciiの詳しい生態を解明することができたそうですよ。

    例えば、Eophrynus prestviciiは脚が長いから、落ち葉の中での狩が得意だった事や、背中に防御用? と思われるイボイボが存在している事などなど、他にもいろんな新発見があったとか。続きにEophrynus prestviciiのイボイボな背中側も画像をご用意してみたので、ご覧ください。

    虫、ダメなんだよね・・・。って方は見ないほうがいいかも

    20090906spider2.jpg

    あなたは、化石から3Dに蘇らせたい生物います?

    [Imperial College via Daily Mail]

    -Jesus Diaz(原文/junjun )

      あわせて読みたい

      powered by