映画「ファイト・クラブ」Blu-ray版はラブコメ仕様に?

    映画「ファイト・クラブ」Blu-ray版はラブコメ仕様に?

    おちゃめさんですねぇ。

    今でも多くのファンを魅了し続けている映画「ファイト・クラブ」のBlu-ray版が先日アメリカで発売されましたが、なんと驚くべきネタが!

    ディスクを再生すると全く違う映画のメニューがでてきます。全く違う映画...、ファイト・クラブとは全く正反対のラブコメ映画! ドリュー・バリモア主演で初製作総指揮の映画「25年目のキス(Never Been Kissed)」のメニューが再生されるんです。

    ファイト・クラブファンはポカーーーーンですよね。あまりのイメージの違いに???ですよね。

    実はこれデヴィッド・フィンチャー監督からファンへのイタズラ。おちゃめな監督ですね。

    しかも25年目のキスはファイト・クラブと同じ1999年公開で、当時の興行成績はファイト・クラブよりも圧倒的に上だったので、これまたおちゃめぶりが際立ちます。

    バリモアにはちゃんと使用許可を得たそうですよ。このネタメニュー画面のあともちろんちゃんとファイト・クラブのメニューが再生されます。

    日本でのBlu-ray版は今月27日発売予定。

    日本仕様でもイタズラが仕込まれているのでしょうか? 気になることろです。

    [A.V. Club via Yahoo Movies]

    Sean Fallon(原文/そうこ)

      あわせて読みたい

      powered by