みたいもーど:Mac向け新日本語入力ソフト「かわせみ」試用記

    みたいもーど:Mac向け新日本語入力ソフト「かわせみ」試用記

    今月のみたいもーどは、Mac OS Xにひさびさに現れた新しい日本語入力プログラムが「かわせみ」のご紹介です。

    私は既に1ヶ月弱試用版(フル機能を利用可能)を利用しており、恐らくこのまま3つのライセンスを購入する予定です。

    ということで、なぜ購入を決めたのか? を中心に「かわせみ」について、あれこれと書いて行きたいと思います。

    とにかく動作が速い

    「かわせみ」をインストールして、最初にびっくりしたことは動作がとにかく速いということです。また、変換候補の学習もなかなかよく「ことえり」のように一度覚えてしまった変換をいつまでも忘れないという様なことも少ない様に思えます。

    環境設定が豊富

    私はこれまで地道にMac OSXの標準の日本語入力ソフトの「ことえり」と使い続けてきたので、やはりキーの役割などは「ことえり」に体が慣れています。ということで、ルールやキー割り当てなどを「ことえりタイプ」に変更しました。

    091117kawasemi2.png

    Shiftキーの役割の変更など、けっこう細かい調整ができます。

    私はほぼデフォルトで使ってますが、このカーソルの動きを調整することで、さらに入力が速くなる人もいるでしょう。

    091117kawasemi3.png

    そこそこ豊富な辞書

    ATOK などと比較すると、足りないかなと思える辞書ですが、新語辞書や人名地名、郵便番号と過不足なく揃っています。これよりも詳細な辞書が必要な人はユーザー辞書をしっかり管理されているでしょうから、既にあるユーザー辞書を「かわせみ」に取り込むといいでしょう。私も「ことえり」のユーザー辞書をそのまま「かわせみ」に読み込ませました。

    091117kawasemi4.png

    クラウド経由で複数マシンで辞書共有も可能らしい

    さて、そのユーザー辞書ですが、私はそれほど気にしないのですが、複数マシンでユーザー辞書を共有したいと考える人もいるでしょう。これは、最初に「かわせみ」を紹介したエントリーのコメント欄(リンク:http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kawasemi-osx.html#c39986901)に、Dropboxを利用する方法が寄せられました。複数マシンで「かわせみ」のユーザー辞書を共有したいという人は、ぜひ試してみてください。

    なんといっても安い!

    たとえば、ATOK for Macは1万円近い値段がします。それと比較すると、「かわせみ」はシングルユーザー¥1995、ファミリーパック(3ライセンス)¥3990というかなり安い値段設定になっています。私は3台のMacを普段使っているので、そのままファミリーパックを購入する予定です。

    最後にもう一度「かわせみ」がいかに速いかを別の言い方で表現しておきます。日本語入力が速くなるということは、ほぼすべてのソフトで日本語を入力しないということがないだけに、PC全体のパフォーマンスにさえ影響を与えるような効果になります。実際、私はまるでOSをアップデートしたかの様な全体的なパフォーマンスの向上を体験しています。せっかく試用版があるのですから、これは試さない手はないと思います。

    しかし、それにしてもなんで「かわせみ」って名前なんだろ?

    かわせみ

    (いしたにまさき)

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ