【まとめ】App Storeから削除されたiPhoneアプリ達

    【まとめ】App Storeから削除されたiPhoneアプリ達

    アップルの厳しい厳しい審査をくぐり抜けたアプリ達。

    でもそんなアプリ達も日の目を見た瞬間にすぐ取り下げられたものもあったんですよね。ということで、App Storeから削除されたiPhoneアプリ達を改めて振り返ってみたいと思います。

    I Am Rich
    091224thumb160x_netshare.png
    姿を消した伝説のアプリといえば、これでしょう「I Am Rich」。

    アプリの機能としては、なんの事もありません。ただ単にダイヤが映し出され、「私は金持ちだ」なんて言葉が流れるようになっています。お値段10万円。

    今はなきこのアプリ、噂によると全世界で8人購入した人がいるとか...。

    現在では、お値段115円で「I Am Rich LE」というアプリ(多分中身は一緒)が売られています。

    NetShare
    091224thumb160x_netshare.png
    僕が真っ先に思い出したアプリがこれ、自身のPCを、iPhone経由でデータ通信(テザリング)できるようにするアプリ「NetShare」。

    2008年7月31日、App Storeから9.99ドル/1200円で発売されすぐ購入不可能に。その後、再度購入可能になり、それからまた購入不可になったりと、色んな意味でiPhoneユーザーの注目の的となったアプリです。

    購入したユーザーは今でもインストール可能との事ですが、テザリングは今でも可能なんでしょうか。

    Nescaline
    記憶に新しい、ファミコン(NES)をiPhoneでプレイできてしまうというアプリ「Nescaline」(800円)。

    登場して間もなく、購入不可に。たしかApp Storeの規約にはエミューレーター系のアプリは禁止しているような...。なぜ審査が通ったのかは未だに不明。

    Jailbreakアプリが元になっていまして、今ではまたCydia Storeへ戻って販売されています...。

    iRwego
    091224app160x_844023.jpg
    iRwego」はiPhoneをシェイクすると、マリオのコイン音やジャンプ音が再生されるアプリ。当時の価格は115円。

    まぁ、なんとなく購入不可能になったのかはわかりますよね。

    DS ダブルシステム
    091224mzl.ievbtvwc.480x480-75.jpg
    アメリカでは「DS DoubleSys」と呼ばれていました。

    Nintendo of Americaからの要請で、アメリカのApp Storeから姿を消すことに。しかしながら、日本では今でも350円で発売されています

    Baby Shaker
    091224thumb160x_65c901705d12270970190070cf3771f7.jpg
    赤ちゃんを振るアプリ。強烈なシェイクで赤ちゃんを振る動作は世界的に問題となり販売停止へ。Appleから謝罪も出されるなど異例の事態に。

    お値段115円。

    myVideos
    091224Main_unlocked_en.png
    YouTubeからiPhoneに動画を保存してくれるアプリ。これ知らなかったんですが、もうApp Storeからないんですね。

    作者のページによると、理由はアダルトチャンネルのリストを提供したからだそう。

    発売時の価格は600円。

    (遠藤充)

      あわせて読みたい

      powered by