グッドデザイン&コンパクト! マイクロソフト「Arcキーボード」レビュー

    グッドデザイン&コンパクト! マイクロソフト「Arcキーボード」レビュー

    マイクロソフトの「Arcキーボード」はすごくコンパクト。

    ですから旅行にノートPCと共に持ち運ぶとか、小さいスペースで使うって時なんかにちょうどいいキーボードになってます。もちろん小さいので、多少の不便さはつきまといますが、それを加味してもすごーくカッコいいキーボードですよ!

    価格

    60ドル(約5400円)

    100201500x_keyboard2_01.jpg

    評価

    まず、デザイン。日本でも発売されているArcマウスと同じコンセプトで作られていて、曲線デザインが採用されています。Arcマウスがそうであるように、見た目はとっても美しいです。しかし、このデザインを採用したために、いくつかの機能は制限されています。

    たとえば矢印キーは、1つのキー(4方向)に省略されてますし、右側のFキーがHome/End/Page Up/Page Downキーになっています。そしてテンキーもありません。すべてコンパクトにするためのものですが、矢印キーを使いこなすにはそれなりに慣れが必要です。

    100202500x_keyboard4.jpg

    コツは、矢印キーを使う時にThink Padのトラックポイントみたいな感じで使うこと。きっと慣れればスムーズに使えこなせるようになるんじゃないですかね。ほかに気になるところは、スペースバーの感度の悪さ。なんか、普通のキーボードより親指を押し込むというか、潰す感覚でタイプしない認識しません。

    これだけ薄いワイヤレスキーボードなので、持ち運び用途に加えて、パソコンをホームシアターとして使ってるユーザーにもおすすめです。普段は収納しておいて必要な時にサッと取り出す事も出来ますからね。2.4GHzのワイヤレスドングルが付属していて、キーボード自体にドングルを収納することもできます。

    100202500x_keyboard3.jpg

    この「Arcキーボード」、ヘビーに使いこなそうっていうユーザーにはおすすめしません。1つにマトメられた矢印キー、癖のあるスペースキーがその理由です。ただし、一方で、持ち歩いてサッと取り出して、サッとテキストを入力し、サッと収納できるという意味では、とっても優れてるキーボードだと思います。

    対応OSはWindows XP/Vista/7/Mac OS X10.4〜10.6。米国で来月から発売となっています。

    良い点

    ・すごいコンパクト!

    ・超かっこいい!

    悪い点

    ・ポータブルキーボードとしてはちょっと高いかな...。

    ・長文をうつのはちょっとつらい。

    ・癖のあるキー。

    [Microsft]

    Jason Chen(原文/遠藤充)

      あわせて読みたい