気になる2人ジョブズ&シュミットのボディーランゲージ検証!

気になる2人ジョブズ&シュミットのボディーランゲージ検証!

だってだって気になるんだもーんだ!

先日にこやかに談笑する2人の姿が目撃されましたが、心の中はにこやかだったのでしょうか? それとも腹のさぐりあい?

気になる事は専門家に聞きましょう。アメリカのアルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局に警官として16年勤め今は「You Say More Than You Think」の作者であるJanine Driver氏にきいてみました。

さて、まずは2人がステージで握手をかわしています。友好的ですね。

20100330steveeric1.jpg

次に先日のカフェで談笑する2人。

20100330steveeric2.jpg
20100330steveeric3.jpg

ここでDriver氏には上の2場面をジョブズ氏とシュミット氏の他の30枚ほどの画像と比較してもらいました。

さてさて結果は? 続きどうぞ!

20100330steveeric4.jpg

結果はボディーランゲージから読みとると、2人のお互いの信頼度は33%ほどだそう。そして2人のうちどちらかは相手を脅威に感じているという気になる結果も。

さて、では各部分に分けて見ていきましょう!

【足】

Driver氏曰く、この2人の足の組み方、お互いから遠ざけるようにして足を組んでいるのはお互い気持ちを閉じているということだそうです。もしくは互いの間に壁を作り出しているか。Driver氏が他に見た写真でジョブズ氏が左足を上に足を組んでいるのはなかったそうです。ただ、1つ例外なのは下のビル・ゲイツ氏とのインタビュー。

20100330steveeric5.jpg

さらに比較として同じイベントの場でも他の人の時は、ジョブズ氏足をがっつり開いて座ってます。

20100330steveeric6.jpg

20100330steveeric7.jpg
【腕】

左の写真のように腕をあげているのは開けた状態を意味します。ジョブズ氏が話をしている時、このジェスチャーはシュミット氏へのアピールとなります。ただ、腕も足同様に壁を作ってしまうことがあります。シュミット氏はどうやら壁を作っているよう。

【顔】

ここでのポイントはお互いがお互いを向いているということ。これにより33%の信頼度がでたわけです。

【肩】

この部分で誰が誰に恐れをなしているかが明らかなようです。シュミット氏はジョブズ氏に恐れを感じています。シュミット氏の肩が前に乗り出していて自分自身を小さくみせています。これは犯罪者が警察官の周りでよくするボディーランゲージだそうですよ。

なるほどねぇ。

この2人の足の組み方は間にテーブルがあるからでは? と聞いてみましたが、Driver氏は関係ないとばっさり。彼女の16年という警官歴からくる自信のようです。

シュミット氏はジョブズ氏の何に恐れを感じているのでしょうか。

Brian Lam(原文/そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by