【号外】飲み屋に落ちてた次世代iPhoneを徹底解剖(その1)

    【号外】飲み屋に落ちてた次世代iPhoneを徹底解剖(その1)

    えっと、これは次世代iPhoneです。

    Redwoodのバーに落ちていたのを発見されiPhone 3GS風にカモフラージュされていましたが、我々はこれをバラバラに分解し、ほぼ本物であろうと結論付けました。

    100420nextiphone00100420nextiphone01100420nextiphone02100420nextiphone03100420nextiphone04100420nextiphone05100420nextiphone06100420nextiphone07100420nextiphone08100420nextiphone09100420nextiphone10100420nextiphone11100420nextiphone12100420nextiphone13100420nextiphone14100420nextiphone15100420nextiphone16

    もちろん最終版ではないのかもしれませんが、これを調べるだけでも、次世代iPhoneは超進化していることが伺えます。

    【新機能と思われるもの】

    ・こちらの方を向いたカメラ。恐らくビデオチャット用

    ・従来の方を向いたレンズもあり。非常に大きいレンズになっている

    ・カメラにフラッシュ機能搭載

    ・micro SIM(iPadのような)

    ・画面解像度も恐らく改善

    ・ヘッドフォンの隣にノイズキャンセレーション用のマイクのようなもの

    ・ボリュームボタンは2つに

    ・ボタンは全部メタルに

    【変更点と思われるもの】

    ・背面は平らに、ガラスかそれっぽいプラスチックまたはセラミックの素材でできている。前面とはタップしたときの音や感覚が違う

    ・アルミが周辺全体を覆っている

    ・画面は3GSよりわずかに小さいかも(その代わり解像度が高まっている?)

    ・四角っぽくなってる

    ・3グラムほど重くなってる

    ・バッテリーが16%ほど大きい

    ・より大きいバッテリーを格納するため、中側の部品は全てより小さくなっている。

    詳細は後ほどアップします!

    Jason Chen, design notes by Jesus Diaz (いちる)

    iPhone 4Gまとめ

    バーで拾われたiPhoneのまとめはこちらから



      あわせて読みたい

      powered by