歩行者用ナビの案内通りに歩いて事故に遭った女性、グーグルを怒りの提訴!

    歩行者用ナビの案内通りに歩いて事故に遭った女性、グーグルを怒りの提訴!

    そこまでグーグルさまに頼り切るのもどうかと...

    どこへ行くにも「Googleマップ」の歩行者用ナビ機能に頼りっぱなしなんですという米国はユタ州在住のローレンさんは、愛用のBlackBerryでパークシティの街中を移動中に自動車にはねられてしまい、大怪我を負ったのはグーグルのナビゲーションが悪すぎたからだって激怒の提訴中ですよ。

    なんでもナビの案内通りだと高速道路を横切っては、まったく歩道なんてない道路際を長時間歩かないといけないんですけど、案の定、高速走行中の車に轢かれてしまいました! まぁ、無事に生きててよかったと思いますけどね。

    ちなみに彼女の訴状によれば、「安全性に欠ける道案内を不注意にもユーザーに提供して、公共の利益に反する無謀なサービスで損害を与えられた」として、グーグルに10万ドルの損害賠償を求めてるんだそうです。

    まぁ、このところ確かにストリートビューが存続の危機にさらされるなど、何かと批判の対象にされているグーグルですけど、今度ばかりは、それを言われちゃお仕舞いだよって嘆きのコメントにも同情しちゃいますかね。

    皆さん、ナビなんて信用するのは、ほどほどにしとくのがいいですよ~

    [Fortune]

    [Search Engine Land]

    Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)

      あわせて読みたい