Xbox 360 Kinect簡単まとめ

    Xbox 360 Kinect簡単まとめ

    Kinectって何なの? カメラなの? Natalは? 赤外線が何だって?

    まぁまぁ、まずは深呼吸。

    ■KinectはつまりXbox 360のカメラです

    最もわかりやすく簡単に言うとそうなんです。Xbox 360の周辺機器。本体に接続できるウェブカムと考えるとわかりやすいです。

    ■元Natal

    Project Natal。その名を聞いてはや1年。ギズモードでもここそこあそこと何度もとりあげて参りました。Project Natalはプロジェクト名、そして現在のKinectです。ちょっとわかりにくいですよね。頭リセット、Kinectと呼びましょう。

    ■赤外線を使ってプレイヤーの動きをキャッチ

    Kinectは簡単に言うとウェブカムです、と最初に言いましたが、もちろんただのウェブカムよりもスペシャルです。不可視の赤外線を室内にあてることで、プレイヤー(室内の人)の動きを高性能に追うことができます。Xbox 360で使うことのできるハイテクなソフトウェアのいくつかは、なんと2人のプレイヤーの動きを体の48箇所までリアルタイムでキャッチ可能

    ■プラスアルファ

    マイクを使えばXbox 360とお話が可能。

    RGBフルカラーでの動画撮影が可能。これで顔認識して自動ログインもできちゃう。

    ■インターフェースが簡単便利

    Kineticを取り付けるとXbox 360でお馴染みのメニューとはまた別のメニューを使って操作します。Xbox 360よりもっとシンプル。タブを排除して見やすいアイコンに。例えば、Netflixを起動したければ、アイコン部分をなでるように手をふる、つまりヴァーチャルボタンに空中で触れるわけです。又は「Netflix」と言う。それで起動できます。一時停止したければ「Pause(一時停止)」と言う、または一時停止ヴァーチャルボタンを手を降ってなでる。

    まさに未来。

    ■Skypeのような機能「vieokinect」

    お友達がX box Live又はWindows Live Messengerでオンラインであればビデオチャットが可能。ただビデオチャットするだけでなく、一緒に動画を見ることもできます。もちろんお互いの動きをカメラが追うのも可能ですよ。

    ■発売時期と価格

    発売は11月4日。価格はまだわかりません。市場予想では150ドル(約1万3000円)くらいだとか。

    ■発売時のソフトは15種
    20100616kinect01.jpg

    ■6つのゲームがついてくる

    わかっているのは4つ

    Kinectimals:nintendogsのような

    Kinect Sports:Wii Sportsのような

    Kinect Joy Rid:愉快痛快なレースゲーム

    Kinect Adventures!:障害物をよけて進んでいくゲーム

    20100616kinect02.jpg

    ■他社からのゲームは

    Your Shape Fitness Evolved:Ubsisoftよりフィットネースゲーム

    Dance Central:Harmonixよりヒップホップ系ダンスゲーム

    Star Wars:詳細不明だけど、ライトセーバーとアニメ系グラフィックの何か(2011年登場予定)

    ・Turn 10よりレースのゲーム(Forza 仮):Forza制作チームよりリアリスティックなカーレースゲーム(2011年登場予定)

    ■ゲーム周辺機器としては不完全な面も

    すごいすごい、魔法みたい! と注目・興奮大のKinect。プレイヤーの動きを詳細に追う、Kinect。ただし弱点が、ちょっと遅いの。簡単なゲームですらのろのろと。この理由はたぶんKinectにプロセッサーが内蔵されていないことでしょう。Xbox 360を介して全データをプロセスするのでどうしても遅くなってしまうのです。

    ■でもお茶の間では夢が広がる!

    たとえ弱点である動作の遅さが発売までに改善されなかったとしても、それでもお茶の間での大活躍が期待できます。テレビ周辺で山のようにあるリモコン達をヴァーチャルボタンで手をふるだけに変更できたらそりゃうれしいってもんです。

    ■そしてこれから

    MicrosoftはKinectはWiimoteのたんなるコピーではないと語っています。KinectはXbox 360と次世代ゲーム機Xbox 720をつなぐ架け橋になるのです。

    Mark Wilson(原文/そうこ)

      あわせて読みたい

      powered by