最新の電動バイク「EC-03」に乗ってきました

    最新の電動バイク「EC-03」に乗ってきました

    いきなり何の写真かといいますと、これが「EC-03」の心臓部、アーム一体型のホイールインモーターです。ドラムブレーキも入っちゃってます。ちっこいなあ。すごいなあ。

    ヤマハさんのご厚意でゼロエミッションな次世代電動スクーター「EC-03」に乗ってきました。パワーは1.9PS、トルクは0.98kgfとエンジン車とは比べものになりませんが、車重56kgとバッテリー&充電器内蔵にしては軽く、加速感は及第レベル。ノーマルとパワーの2つのモードを備え、前者は30km/hで後者は43km/hまで引っ張れます。

    1充電(約18円ぶんの電気を使用)あたりの走行距離は30km/h定地で43kmだそうですが、実測値は25~30kmと見た。またトルクが小さいから大型ボディの人や、ミネラルウォーター等を箱買いしてお持ち帰りするときは、さらに効率が下がりそうですが...。

    結論を書きます。これはアリですよアリ。

    もちろんツッコミどころはあります。

    まずバッテリーが外せないのが残念。ここは前作「EC-02」より劣ってしまったところ。着脱式にしつつもバッテリー容量を確保するにはボディサイズ拡大(車重増加)が必至で今度は走行距離が落ちるというジレンマに悩まされるのはわかります。けど、これでは庭がある家庭もしくは自転車の持ち込みが可能なエレベーターのあるマンションでなければ運用できないでしょう。スペアバッテリーを用意しておくこともできないし。もしかしたら接点の不具合問題が解消できなかったからでは?とまで感じてしまいます。なお500回の充放電でバッテリーのポテンシャルは70%程に落ちるとのこと。

    ウインカーやテールライトが従来の電球のままで、LED化されていないのも残念。わずかでも消費電力を押さえる設計を期待したかったですね。

    一本橋を渡るかのような低速走行をすると、フロントがふらつきやすいのも残念。試乗したのはオリジナルモデルでしたが、オプションのキャリア&トップケースをつけた状態だと、さらに影響が出そう。

    でもですね、いいんですよコレ。

    静粛性の高さはレシプロ機とは比べものになりません。「バイクはエンジン音があってナンボ」という方は多いと思いますが、原付クラスの排気音っていらなくありません? 甲高い2ストにしても息苦しそうな4ストにしても。この静けさならクルマに乗せて山に行き、林道トコトコツーリングにも使いたいですね。

    オイル汚れが出ませんし、臭みもありません。バイクに抵抗のある奥様やパートナーの納得も得られそう。バイクを玄関のなかに持ち込むのもアリです。

    それに前述しましたが、スタート時の加速感がGOOD。フツーに乗れます。トップスピードが低いので幹線道路を走ろうという気にはなりませんけどねー。

    お値段も25万2000円とがんばってます。いや、この価格はほんと頑張ってますよ? ちなみに購入時は2万円の補助金も出るそうです。

    ううむ。気になる。でもできればEC-02系の、ファンなデザインのモデルが欲しいのです。ヤマハさん! EC-fの登場はいつですか!?

    100720-DSC00288100720-DSC00290100720-DSC00291100720-DSC00294100720-DSC00300100720-DSC00301100720-DSC_3117100720-DSC_3126100720-DSC_3134100720-DSC_3145

    EC-03[ヤマハ発動機]

    (武者良太)

      あわせて読みたい