マイクロフォーサーズレンズが使える! 業務用AVCHDビデオカメラ「AG-AF105」

    マイクロフォーサーズレンズが使える! 業務用AVCHDビデオカメラ「AG-AF105」

    とうとうマイクロフォーサーズが業務用の世界に進出です。

    パナソニックは、世界初のマイクロフォーサーズレンズマウントを搭載した業務用デジタルビデオカメラ「AG-AF105」を発表しました。発売は2010年12月の予定です。

    撮像素子はフォーサーズMOSセンサーを採用。レンズマウントはマイクロフォーサーズですので、パナソニックのミラーレス一眼「G1」「GH1G2」「G10」などでお使いのレンズを利用できます。もちろん、オリンパスのマイクロフォーサーズマウントレンズも使えますよ。

    マウントアダプタを利用することで、シネマレンズにも対応できます。

    ファイル形式はAVCHD。最高ビットレートは24Mbps。最大解像度は1920×1080ピクセル。フォーサーズの撮像素子は4:3ですけど、撮影時は16:9になるんですね。

    記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリカードで、ダブルスロットとなってます。1枚の記録が終わったらもう1枚の連続して記録するリレー記録にも対応しているので、長時間の撮影もバッチリですね。さすが業務用。

    もちろん、業務用ですから、僕にはわからなようなプロ向けのインターフェイスもたくさんあります。

    気になるお値段は83万7900円(本体のみ)。う~ん、高いのか~安いのか~、ワカラニャイ

    メモリーカードカメラレコーダーAG-AF105[パナソニック]

    (三浦一紀)

      あわせて読みたい

      powered by