[ #CEATEC ]この時代、タフに生き抜くためにはタフなパソコンが必要だ

[ #CEATEC ]この時代、タフに生き抜くためにはタフなパソコンが必要だ

次世代コンピューティングパビリオンに、パナソニックのタフなパソコン、TOUGH BOOKが勢ぞろいしていました。このシリーズ、あんまり一般の人が購入することはないと思うんですけど、かっこいいんですよ。

101005CEATECPanaTough02.jpg

これはCF-31シリーズ。取っ手が付いています。CPUはCore i5で、バッテリーは約12時間もちます。ディスプレイは12.1型。タッチパネルですよ。

101005CEATECPanaTough03.jpg

こちらはCF-19シリーズ。ディスプレイが10.4型のコンパクトなタイプです。バッテリーは約10時間もちます。

101005CEATECPanaTough04.jpg

あまり見かけないこのタイプは、CF-H1シリーズ。医療関係の現場などで使われることが多いようです。

101005CEATECPanaTough05.jpg

こちらもあまり見たことないですね。CF-U1シリーズ。屋外で持ち運ぶために使われています。たとえばガスや電気の検針とか。

タフなパソコンって、見てるとワクワクしますね。法人モデルですけど、一部のモデルは直販サイトでも買えるとか。1台どうです? なかなか壊れませんよ!

CEATEC 2010の記事一覧はこちら

[CEATEC JAPAN 2010]

(三浦一紀)

    あわせて読みたい

    powered by