タイ生産のホンダCBR250R、2011年春に上陸

    タイ生産のホンダCBR250R、2011年春に上陸

    250ccクラスのCBRでは、初の単気筒モデルです。

    ホンダはすでにカブ110のエンジンや、200ccまでのバイクの一部をタイホンダで生産していますが、250ccの新型スポーツバイク「CBR250R」もタイで生産し、海を越えて日本にやってくることになりました。カウル&カラーは現行のVFR風ですが、コイツは紛れもなくCBR125R、CBR150Rの系列であるCBRです。決して旧CBR250系とは違います。

    排気量:249.4cc 水冷DOHC PGM-Fi

    馬力:19.42kw(26.4ps)/8500rpm

    トルク:22.9Nm/7000rpm

    ギア:6速

    車重:162.8Kg

    シート高さ:784mm

    前輪:110/70-17

    後輪:140/70-17

    タンク容量:13L

    旧世代のCBR250R、CBR250RRと比べるとスペックダウンは否めませんが、インジェクション(PGM-FI)やEuro3に対応したキャタライザーを装備し、ABSと前・後輪連動ブレーキシステムを組み合わせたコンバインドABSを搭載するなど、扱いやすいという点では80'sのモデルより上でしょう。

    101029-02101029-0265023_02101029-04101029-0265023_03101029-06101029-img_city02101029-img_city03101029-img_city04101029-img_city05101029-img_city06101029-img_city07101029-img_frame_R

    アジアを生産拠点とした新型ロードスポーツモデル「CBR250R」を発表[ホンダ]

    (武者良太)

      あわせて読みたい

      powered by