なんでも作れる3Dプリンター。今度は車まで作っちゃった!?

    なんでも作れる3Dプリンター。今度は車まで作っちゃった!?

    クラシックカーのパーツをつくるために3Dプリンターを使ったというのでも驚きだったのに、今度は車本体を作っちゃったみたいです。

    上の写真が3Dプリンターでプリントアウトされた車、Urbeeです。(ちなみに2人乗り)3Dプリンター会社のストラタシス社とエンジニアリング会社のコーエコロジック社の2社が協力して開発しました。ガラス部分も含めて、全て3Dプリンターで作られているのだとか。

    現在は、より燃費をあげていくことに取り組んでおり、燃費の目標値は高速で80km/L、街中で42km/Lだそうです。製品化も目指しているそうなので、3Dプリンターで作られた車が街中を走るようになるのも、そう遠くないのかもしれません。

    エコカーまでもが3Dプリンターで作られていく。。。

    次は何が3Dプリンターで作られるのでしょうね。

    [Urbee via Fast Company]

    Kat Hannaford(原文/mio)

      あわせて読みたい

      powered by