ドコモ冬春モデル発表会、裸眼3Dスマフォやブックリーダー、LTE端末を発表

    ドコモ冬春モデル発表会、裸眼3Dスマフォやブックリーダー、LTE端末を発表

    今年を締めくくる新製品は色とりどり!

    本日ドコモ冬春モデルの発表会が行われています。事前に配られた冊子にはAndroid端末7機種に、次世代通信規格LTE対応データ端末なども発表されるようですよ。

    101108docomosmaline.jpg

    今回の発表はスマートフォンを4機種発表。裸眼3Dスマートフォンをやはりトップとして発表しています。この4機種にあわせてギャラクシーシリーズと、未発表のタブレットPCを加えて全8機種とするそう。年度内発売予定のタブレット型端末が気になりますね。

    DSC_1547.jpg

    ガラケーに対してはカメラ機能を充実するそうで、ガラケー向けの「ドコモマーケット」を開設。アプリストア・MUSICストア・BOOKストアの3つのストアを12月6日からスタート予定です。

    101108evernote.jpg

    また全スマートフォンにはEvernoteアプリを標準搭載。アプリは完全に新しいEvernote For Android2.0というバージョンで、新しくローカルでの閲覧が可能になっています。しかも、今からドコモのAndroidケータイを購入する人には無料でプレミアム会員にアップグレードできるそうです。また、現在はスマートフォンのみのアプリですがiモードバージョンも開発中なんだとか!

    101108prime.jpg

    スマートフォンから各シリーズの紹介。プライムシリーズでは女子中学生・高校生向けの端末をそろえています。109のブランドとコラボしたモデルが多く、プロダクト部長丸山さんいわく「カラバリ時代からブラバリ(ブランドバリエーション)時代へ」だそう。ブラバリ!

    101108camera.jpg

    一方でプライムシリーズはカメラ機能も強化。画素数だけじゃなくライフスタイルに合わせた端末を幅広く用意しているそう。この端末なんかカメラっぽい、じゃなくてカメラそのものですよね! すごくリコーのGRっぽいけどどこのメーカーなんでしょう。

    101108lte.jpg

    最後に次世代通信LTEサービス「Xi(クロッシィ)」端末も発表。USBタイプとExpressCardの2端末で、下り最大75Mbps・上り最大25Mbpsのハイスピード通信が可能になるそうです。初期キャンペーンとしてLTEサービス「Xiスタートキャンペーン」も実施。上限が一律4935円で利用できるそうです。

    101108docomo.jpg

    さてさて、続いては別記事にて実機レビューをお送りします!

    (遠藤充)

      あわせて読みたい