世界にタワーは数あれど、今度台湾に建てられるタワーはひと味ちがいます。

    世界にタワーは数あれど、今度台湾に建てられるタワーはひと味ちがいます。

    タワーは、ドバイを筆頭に色々なところにありますが、けっこう高さ勝負な感がありますよね。しかし、こんど台湾に建てられるタワーの売りはひと味違います。

    こちらのタワー、高さ300mということで634mの新東京タワーを有する(まだ完成してないけれど)日本としては、まぁ大したことないなーと思ってしまいますよね。

    でも残念ながら展望台では負けてると思います。そう、このタワー、売りは展望台なんです

    この楕円形の展望台、実はヘリウムガスによって浮いています。

    それだけで、えぇ!? という感じなのですが、さらにプロペラによって上下に動くんだとか!

    詳細は以下の通りです。

    オリジナルコンセプトはルーマニアの建築家、Stefan Dorinさん。台湾、台中市で一番高い建物になる予定。タワーの足下には美術館、レストラン、オフィス、カンファレンスセンターが計画されており、展望台では、一度に50〜80人の人が島と海のパノラマビューを楽しむことができる。着工は2012年の予定。

    まるでゲームみたいだなーと思ったのですが、デザイナーはゲームからインスパイアされたといってるそうです。でも実際につくろうと思うのがすごいです。。

    続きで画像ギャラリーもありますよ。

    101124taiwan1101124taiwan2101124taiwan3101124taiwan4101124taiwan5101124taiwan6101124taiwan7101124taiwan8

    [DSBA via Dezeen, EarthTime and Pop-Sci]

    Jesus Diaz(原文/mio)

      あわせて読みたい