スティーブ・ジョブズ、病気のため再び療養生活に。日々の業務はティム・クック氏が引き継ぎへ(従業員宛メール全文あり)

    スティーブ・ジョブズ、病気のため再び療養生活に。日々の業務はティム・クック氏が引き継ぎへ(従業員宛メール全文あり)

    CEOという役職は変わらないみたいですが...。

    スティーブジョブズから、療養生活にはいると従業員全員に連絡があったそうです。病気の治療に専念するとのことで、ジョブズの健康状態が気になります。

    以下全文です。

    各位

    私の希望が取締役会に認証され、療養生活にはいることになった。もちろん、CEOという職業は続投し、重要な戦略決定などにも関わっていく。

    アップルの日々の業務についてはティムクックに頼んである。ティムはじめ、上級管理チームにも信頼がある。きっと数多くの激務をこなし、2011年の素晴らしいプランを創り上げてくれるだろう。

    私はアップルを愛しているし、できるだけ早く戻りたいと思っている。ただ、休養の間、家族と私のプライバシーは尊重して頂きたい。

    スティーブ

    ジョブズの病気療養といえば2009年に6ヶ月間とったこともありましたが、その時もティムクックが代打を行っていました。今回はあれから2度目の療養。今回はどのくらいで戻るのかも明らかにされていません。

    氏は、2009年にすい臓がんの移植手術を受けましたし、それに関連した療養であることが推測されますが、アップルからの正式な発表はまだありません。早く全快して「One more thing...」してほしいです...。

    Steve Jobs Taking Medical Leave of Absence From Apple [Gimzodo]

    (遠藤充)

      あわせて読みたい

      powered by